<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
caffeLittlewoods# 1307 「便利なものは楽しくない」
寒くなりましたねぇ。
d0009175_14155047.jpg

この電気ストーブの前が猫にとっても特等席なのだが・・・「きぃ」の字が・・・
d0009175_14162339.jpg

つまりは我が家の4猫の中でこの特等席を満喫できるのはジジだけなんだねぇ。
d0009175_14164571.jpg

(他の3猫はきぃの字を怪獣だと思っている)
更には遊び道具まで共有するという・・・どれだけ仲いいんだぁ?

翌朝

また特等席は日当たりも良い。
d0009175_1417373.jpg

この2人の独壇場である。
d0009175_1417244.jpg

ここで「鋼の体と硝子の心を持つ猫」ジジの鋼の体が役に立ってる。
d0009175_14174066.jpg

普通の猫ならとてもこの重みに耐えられないだろう。
d0009175_14175423.jpg

っていうか、ジジも表情を見るとギリギリな感じなのだが・・・
(固まって逃げられないだけかも・・・)




先日「車二夢二の会」という自動車に関する勉強会に参加してきました。
マツダRX7のロータリー開発とルマン24時間耐久レース総合優勝に貢献された
小早川隆治氏の講義をききました。
d0009175_1430202.jpg

(主催者 竹門君の写真を拝借)
日本の自動車業界に対する危機感を強く訴えていらしゃいました。(熱いっす)
モータースポーツの素晴らしさとチャレンジし続ける事の重要性にも共感しました。

そんなお話を聞いて、やはり若者の「クルマ離れ」を真剣に危惧するのです。

僕が20代の頃を思い起こせば「3度の飯より運転が好き」状態だったなぁ。

なぜか?

若かったからだろうか?

いいや、違うなぁ。

その頃の40代、50代のオヤジ達も相当好きだった気がするねぇ。
かっ飛びオヤジが多かったもんねぇ。

ってことは、時代的にクルマを楽しめてない・・・僕も含めて・・・。

僕の考えはこうだ。

「便利なものは楽しくない」

このエピソードを思い出した。

今年の夏、東京から舞鶴までの600kmをフィアット500(昔の空冷2発)
で走って行った。(詳しくは コチラを)
d0009175_14225679.jpg

真夏の炎天下の中、苦痛どころか「もう着いたのかよ~」が正直な感想。

要因はいくつか考えられる。

1.古いクルマなので単純に運転が楽しかった。

2.横に乗ってた酒井悦郎氏が面白かった。

3.過酷な旅だったので2人で達成感があった。

まぁ、全部だろうなぁ。

クルマは日々進化して、確実に便利になってる。
パワステ、エアコン、オートマ、ナビ・・・
最近では追尾型クルコンや追突防止装置まで付いてる。
安全になることや、それを目指して開発する事を否定するつもりは全く無いが
自動車ってそれだけじゃないだろぅ!って気がしてならない。

このフィアット500みたいな、何にも便利じゃないけど、
走らせてるだけで、楽しくなるような、自然や風を感じて
自分で操れるクルマを新車で作っても売れないのかなぁ?

法律とか解らないけど、あの500のボディーにツインエアーを
後ろに積んだ新車って・・・無理なんでしょうねぇ。

と感じる今日この頃ですが、皆さんは?

楽しいクルマを集めてます。リトルウッズの在庫情報は → コチラを!

では、では~。



                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif

株式会社リトルウッズのフェイスブックページです。
是非「いいね!」 を宜しくお願いします。
 
d0009175_1959721.png

 
                 
          
          

More
[PR]
by e-littlewoods | 2012-11-26 14:34 | 俺です。
caffeLittlewoods# 1306 本当の意味でのエコカーとは
我が家の4猫の中で1番の問題児であるジジは
朝5時ごろ「アウ~ン、アウ~ン」と遠吠えのように鳴く。
雑誌「ねこ」の中村編集長いわく
「集まれ鳴きですね~、うちのマロと同じですねぇ。誰も集まりませんが・・・」
聞いたとき腹抱えて笑った。だってジジの集まれ鳴きにも誰一人集まらないから・・・
ジジの場合、玄関のドアをドンドンやるので更にタチが悪い
ってことで、久しぶりに散歩に連れ出した。
d0009175_20311884.jpg

数年前までは毎日やってたので慣れっ子。
d0009175_20313748.jpg

表情にもどこと無く誇らしげな感じが・・・
その時遠くで物音が・・・
d0009175_20323854.jpg

「鋼の体と硝子の心を持つ猫」と呼ばれるだけのことはある。
d0009175_2033367.jpg

これだけ怯える姿が絵になる男も少ないねぇ。
d0009175_20332119.jpg

それから相棒の「きぃ」の字から離れなくなった事は言うまでも無いのだよ。





下取ラグナと納車前のメガーヌ
d0009175_203356100.jpg

めったに無い素敵な絵だったので写真におさめました。

実は富山(僕の故郷)からのお客様で今回、自走でいらしてくださいました。
勿論、陸送で送る事もできたのですが東京にいらっしゃる用事があったそうです。
遠方なので車輌を見ずにご契約いただきましたので
実際に見ていただくまでは緊張しましたがご満足いただけました。
こういうのがクルマ屋やってて一番嬉しい瞬間だなぁ・・・。

ところで、ラグナって日本ではあまり走ってないですが、カッコイイですねぇ。
4ドアハッチバックってなかなか少ないですが、これがヨーロッパっぽくて萌えます。
10万キロ超えてるとは思えない綺麗さと走りにちょっともったいなさを感じるなぁ。



エコカーってこういうのを言うのでは?
2012yシトロエン C1 VTR センソドライブ 0.1万km 189万円 [世田谷店]
d0009175_20415048.jpg

このクルマを観察するとパーツの数を減らすことに努力した事が良く解る。
リアゲートはガラス自体がゲートになってる。(鉄のパーツがいらない)
d0009175_20421118.jpg

リアウインドゥはこうやって開く。(レギュレーターが必要ない)
Cピラーのアウターパーツがリアドアである。
d0009175_20424148.jpg

ドアを開けるとピラーはある
d0009175_2043113.jpg

ドアの内側は鉄板を使ったデザイン(プラスチックの量が減る)
d0009175_20433824.jpg

エアコンのコントロール部はこうだ。
d0009175_20435381.jpg

パネル自体を光らせる事によって配線や電球を減らしてる。
(使いやすさも抜群だねぇ)

そのほかにもいっぱい・・・
とにかく考えられるパーツ減らし(材料減らし)は全てやってるんだなぁ。

エンジンはダイハツの1000cc3気筒エンジンでTNP(低燃費)である。
音がモロにダイハツの軽自動車。
「しれしれしれしれ」って加速していく。
逆にこれがパリで売れた理由の1つじゃないかなぁ?

実にエコっぽくて日本っぽいのだよ。

実際20km/L走るとか・・・

都内を走るならこれで十分なんだねぇ。
今までの時代はどれだけ贅沢な装備があるかって争ってたけど
これからの実用車はいかにシンプルで必要十分な装備に押さえるか・・・である。

エコの本質をこのクルマを通じて垣間見た気がします。

C1の詳しい情報は コチラを!

リトルウッズ全在庫情報は コチラを!

では、では~。


                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif

株式会社リトルウッズのフェイスブックページです。
是非「いいね!」 を宜しくお願いします。
 
d0009175_1959721.png

 
                 
          
          

More
[PR]
by e-littlewoods | 2012-11-12 20:54 | 俺です。
caffeLittlewoods# 1305 靴界のディフェンダー!
今日はこの靴を履いて歩いてみた。
d0009175_20444186.jpg

トレッキングシューズって言うんでしょうか・・・
元々持ってた物ですが舗装路以外を歩きたかったので
下駄箱の奥から引っ張り出してちょっと履いてみた。
d0009175_20465369.jpg

砧公園の林の中を歩いてみると
こんなにも小さな段差や傾斜が歩くことの妨げになるとは・・・
(子供の頃だったらダッシュで走れた気もするが)
さらには地面に転がる小石や小枝を踏むと、意外と足を取られるなぁ
と、思ったその次の瞬間である。
前方に踏み出した右足にいつもなら感じるトラクションが無い
「あっ!」モグラの穴か何かだろうか。
既に体重の7割近くはその右足に移動されており、慌てて左足を右足の側へと運ぶ。
「グギッ!」
左足に体重を移動させた瞬間、運悪く小枝が靴の下にあったのだ。
足首はこのままでは間違いなく捻挫してしまう勢いで外側に折れていく・・・・
「ヤバッ・・・」
そこからはスローモーションのように感じた。
僕の足首はまるでリングロープに振られて戻ってくるプロレスラーの様に
元の位置に戻ってきてるではないか・・・
「靴だっこの靴の・・・!」
足首を包む様に作られたトレッキングシューズに守られたのだ。
普段歩く時に邪魔にさえ感じたあの部分である。

冷や汗をぬぐいながら、自分にはまだこの山道は早すぎたと反省した。
見た目はただ美しい落ち葉に埋もれた地面が
その時ばかりは「茨の道」に見えた。
さて、どうしたものか・・・
周りを見回してみると少し先に皆が歩いてできた道がある。
d0009175_2059190.jpg

ここから始めよう。(相当な恐怖だったのだろう、いつもより素直な自分がそこにいた)
気を取り直して歩き始めたその矢先・・・
「つるんっ!」「あ”あ”~っ」
前方に出した効き足である右足は地面を捉えることなく前方へと滑っていくではないか!

多くの人に踏み固められた土の道はまるで鏡面のように磨き上げられていたのである。
次から次へと足を出していくものの全ては前方へと送りやられ
そのスピードについていくはずの無い上半身は後方へと取り残された。

大きく反り返った体はラジオ体操でやったあの体勢を通り越し
さながらマトリックスのような状態に陥った。
(完全に主観であり、他から見たら全く反っていないかもしれないが)
空転していた足がようやく地面に喰いついた。
スタッドレスタイヤにも似たトレッキングシューズの靴底は
一度捉えた地面を離さなかったねぇ。
d0009175_20474022.jpg

この靴をスタッドレスタイヤに例えたらブリヂストンのブリザックか
ミシュランのエックスアイスと言ったところだろうか?

見た目が可愛いくて買った靴だった。
街中へ出かけるのに、靴紐はユルユルに足首の辺りは思いっきり開いた状態で履いて出かけた。
硬くて重くて、あまりにも歩きにくくて・・・
そのうち下駄箱の奥へと追いやられていった。

もったいない使い方だった。
クルマに例えたらランドローバーディフェンダーのようなクルマを
ヒルズあたりへの買い物だけに使っていたようなものだ。

それからは山道をディフェンダーで走り回るかのように夢中で歩いたねぇ。
楽しかった。(年式は古いしエンジンも暫らく使ってなかったからガタピシだったが)

性能をフルに発揮できる環境でみる靴は、今までより眩しく輝いて見えたのだよ。





可愛いのを手に入れた。
2012yシトロエンC1センソドライブ 1000km 189万円[世田谷店]
d0009175_20492824.jpg

直接輸入するかどうか、ず~っと迷ってた一台。
魅力は何と言っても小ささと可愛さだろう。
小さくても5ドアってところが嬉しい。

徹底したコストダウンを図る為にリアハッチはガラスそのものに・・・
d0009175_20495218.jpg

逆にこのコントラストが好きだなぁ。

パリでも良く見かけた気がする。
古い写真を掘り起こしてみると・・・
d0009175_20503093.jpg

写真が小さいなぁ・・・でもC1
d0009175_20504885.jpg

ピンボケ。でもC1
d0009175_20511446.jpg

似てるけど、アイゴ。
そう、プジョー107とTOYOTAアイゴとは兄弟車だねぇ。
とにかくこの短いボディーはパリの街に良く似合う。
d0009175_20535617.jpg

環八展示場にたたずむ姿は「ニャン」と少しかぶるのは僕だけだろうか?
d0009175_20545126.jpg

まだ入庫して間もないのでHPは明日アップいたします。お待ちください!

では、では~。

リトルウッズの在庫情報は コチラを!


                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif

株式会社リトルウッズのフェイスブックページです。
是非「いいね!」 を宜しくお願いします。
 
d0009175_1959721.png

 
                 
          
          

More
[PR]
by e-littlewoods | 2012-11-09 21:05 | 俺です。
caffeLittlewoods# 1304 三日坊主達成!
「グッチ」は太陽の子。
d0009175_2045544.jpg

体に顔を埋めると少し香ばしい匂いがするって言うか焦げ臭い。
d0009175_2051695.jpg

で、ゴロゴロ言ってる。
この季節、寝る時必ず頭にヘッドホンのように居るので
この匂いと100Hzは実によい安眠グッズと言えよう。
d0009175_205312.jpg

この絵はカボル画伯が「僕が仕事に行った後の昼寝の様子」を描いたもの。
足元のジジがある程度の大きさだから4年ぐらい前の作品かなぁ。

たまに、完全に枕を占領される事があるので要注意ではあるが・・・




以前にご近所のMTURさんから「砧公園でラジオ体操やってるから行こうよ!」
と、誘われた。
ただ、朝のウオーキングやラジオ体操は精神状態の安定した人しか無理じゃない?
と、思ってた。(そんなに悪いわけではないが、仕事がら浮き沈みが激しいので・・・)

ところが、先日、猫友であるHNMさんに「ラジオ体操」をすすめられ、こう言われた。
「ラジオ体操をすると、一日の精神状態がよくなりますよ」
ん~、なるほど、精神状態が良い人達が集まってるのではなく、
ラジオ体操をすると精神状態がよくなるのか~

その辺わりと単純なので、翌日あっさり参加。
d0009175_205413.jpg

この歳にして恥ずかしながら人見知りなので緊張してたわけだが
大勢の方がかなり広い範囲に広がって自由に体操できる雰囲気がユルユルで・・・
完全に訛りきった体は ラジオ体操のための準備体操を必要とした。

30年ぶりにやってみると、忘れてるねぇ、特に第二。
第二の途中のジャンプで軽く左膝をやったねぇ。
何とか最後まで成し遂げる事ができた。(おおげさ)
d0009175_20541811.jpg

気候も僕にはちょうど良く、その後、勢いでウォーキングを始めたよ。
(いつものパターン。すぐ燃える)
なるべく足首を使って、かかとから綺麗に着地しよう。
いかに効率よく速く歩くか・・・次のコーナーまでの最短距離を直線で結んで・・・
なんて考えてるうちに、どう見ても自分より年上の男性に抜かれたりして・・・
ペース上げてついていき・・・集中して歩いていたら自宅への出口を通り過ぎ
結局2周したところで我に返った。

額には汗が滲み、そこには清々しさだけが残った。

これは、ひょっとして続けられるかも・・・・
しかも早起きしてよい事もある。
d0009175_20545369.jpg

こんな言葉も生まれた。
「一期一猫(一猫一会)」ガッティーナ酒井氏 作
「早起きは1ニャンの徳」不肖小生 作

本日で3日目、全身筋肉痛で体の動きがおかしかったのは言うまでもありませんが
とりあえず三日坊主は達成!(三日坊主にもなれないことが多い)

明日はどうやら雨のようだから、明後日、未知の領域に突入できるかどうかである。


これ、車検とって少し乗ってみようかなぁ・・・
1997yポルシェ 911カレラ 4S 6速MT ディーラー車 4.4万km [世田谷店]
d0009175_21114361.jpg

アルミとキャリパーの塗装をやり直して、
d0009175_21122886.jpg

ボディーはガラスコーティングでヌメヌメに
ターボと同じオールレザーインテリアも今回綺麗にした。
(サイドのすれ、ハンドル、シフトノブなど)
d0009175_21121294.jpg

4Sはターボと全く同じボディーそして足廻りを持つ。
だから乗り味としてはシットリとしていてなお強い剛性を感じる。
ブレーキを踏んでも然り。
カレラで少し加重しきらないフロントもしっかり踏ん張る感があって
4であるメリットをここでも活かせるだろう。
d0009175_21125531.jpg

これで飛ばそうってわけでもないが、普通に走って感じる事だからねぇ。
598万円と聞いて997が手に入る価格である事に
高いと感じるかどうかは乗り手次第。
性能で比べたら段違いで997だし
希少性で比べたら完全に993である。
d0009175_21132931.jpg

車検を取って少し乗ってみることにしよう。
ナビは付けない。必要ないからねぇ。
フラット6の乾いた音を後ろから感じながら「しれっ~」と乗りたいのだよ。

空冷最終993カレラ4Sの詳しい情報は コチラ !

リトルウッズ全在庫情報は コチラを !

では、では~。


                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif

株式会社リトルウッズのフェイスブックページです。
是非「いいね!」 を宜しくお願いします。
 
d0009175_1959721.png

 
                 
          
          

More
[PR]
by e-littlewoods | 2012-11-05 21:28 | 俺です。
caffeLittlewoods# 1303 「ワルジジ」と「裏ワルアズ」
我が家で唯一の「痩せ型」アズくん3才である。
d0009175_10443816.jpg

食べる事より寝ることを重んじるんだねぇ。
(みんな朝ごはん待ちきれないのにアズは起きて来ない)
d0009175_10445713.jpg

そんなアズくんですが、可愛い顔に似合わず「ワル」である。しかも「裏ワル」ね。
d0009175_10452354.jpg

もしも~し!頭でグリグリやって網に隙間を空けてるぞ~!
d0009175_10455371.jpg

「おい!ワルアズ!グリグリやるなよ~!」
d0009175_1046949.jpg

「ん?何見てるの?」
d0009175_10462357.jpg

お~、柵の外側に洗濯物の靴下が落ちてるねぇ。
d0009175_1047226.jpg

どうやらこの穴から出たらしい・・・「ジジ!お前か?」
(何でも悪い事はジジのせいにしておけば丸く治まる)
「ゴメンな~アズくん、ワルなんて言って~」
d0009175_1047238.jpg

不運な「ジジ」とラッキーな「アズ」くんでした。



子供の頃、家族で行ったクルマ屋さんを今でも忘れない。
日産のサニーを見に行ったんだねぇ。
1975年ごろB-210だった。
実物を前にして・・・胸が高鳴ったのを憶えてる。
「ねぇ、ねぇお父さんこれ買うの?これ買うの?」
しつこく何回も聞いたきがする。
その日比べたのはこの2台。
d0009175_10521159.jpg
d0009175_10522019.jpg

同じサニーだが、2ドアクーペGXと4ドアセダンGLだった。

もうねぇ、だんぜんクーペに乗りたかったねぇ。

写真にも写ってる丸い3連テールレンズが心に突き刺さった!
蜂の巣みたいなホイールキャップに目まいがした。
とにかくGXって響きにやられたのだよ。

兄も含め4人家族だった我が家の使い勝手を考えると
セダン派(母)の意見が有利だった。
「後ろに乗るのは僕とお兄ちゃんだし・・・全く問題ないよ」
と言いながら助手席を倒し実際にやって見せた。(本当は助手席狙いだったが)

結局はセダンになった。(母は強し・・・意味違うか~)

少し残念ではあったが楽しかったなぁ・・・最高の思い出である。

「僕のイメージはこれなんだねぇ」

リトルウッズ横浜・青葉店はこんなラインナップにしています。
中心車種は200万円以内、高年式(ある程度)、低走行(ある程度)の
ATハッチバック車(ワゴン含む)

具体的には
プジョー207・308(SW)、シトロエンC3・4・5、ルノールーテシア・メガーヌ
VWゴルフ(ヴァリアント含む)、アウディA3・A4アバント、
BMW1・3ツーリング、ベンツB・Cワゴン、ボルボV50・70等などです。

比較的近い価格帯とサイズに絞ってるのは

「見比べてほしいから」

それぞれ全く違った文化を持ったクルマを
ご家族全員で座って、触って、語って・・・笑って

クルマ選びの段階から楽しんでもらいたいなぁ。
そして思い出の1ページにしてもらえたら・・・
それがリトルウッズのモチベーションです。(クルマ屋はやっぱり楽しい)

追伸、世田谷店は今まで以上に個性的な在庫を
ディープに掘って行きますので乞うご期待!

横浜店の在庫は コチラ をご覧下さい!

世田谷店の在庫は コチラ をご覧下さい!

では、では~。

株式会社リトルウッズのフェイスブックページです。
是非「いいね!」 を宜しくお願いします。
 
d0009175_1959721.png

 

                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif

                 
          
          

More
[PR]
by e-littlewoods | 2012-11-04 11:06 | 俺です。



自称・日記王子コバさんとネコネタ収集係カボさんの猫とクルマのお話です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30