カテゴリ:俺です。( 825 )
caffeLittlewoods#1363 京都、納車の旅にて
先日、京都まで行くことになった。
理由は・・・

「クルマの納車」である。

湘南にある絶滅危惧種のクルマ保護団体
「ガッティーナ」の酒井氏が行っている「全国納車の旅」のパクリである。

勿論、酒井氏とも縁の深い新オーナー新川さんからのご要望でもあった。

「京都」と聞いてB型妻が黙っているわけがない。
マブダチの中村ニャンもお誘いあわせの上・・・

小さなミニに4人満載で行くことになった。

早朝5時、荒井ニャンに見送られて京都に向けて出発である。
d0009175_20591396.jpg

(新旧ミニがご挨拶)
ローバーミニで450km・・・4人満載・・・子連れ・・・

普通はやらないよねぇ(笑)

キィの字は寝たままのスタートとなったが順調な滑り出し。
助手席では中村ニャンが「全然普通に走りますねぇミニ!」
d0009175_20594075.jpg

そう、40年以上変わらない形のミニだから見た目はクラシカルだが
そこは1999年製のクーパーAT!
100kmでの巡航は何の問題も無い。クーラーだって寒いぐらい効く!

カセットしか無いオーディオも岡見ちゃんから差し入れしてもらったテープで
d0009175_213153.jpg

これも問題なし!

全ては順調そのものと思われたその時であった。
出発の時、満タン近く入ってたガソリンが・・・

既にゲージの下の方・・・(まだ100kmしか走ってないぞ)
そっか、ガソリンタンクが小さかったんだ!
d0009175_214954.jpg

給油してみると案の定15リッターしか入らない。
だんだん思い出してきたぞ~ミニのこと。

(新車時に5リッター入ってて、満タンにしても30は入らなかった記憶が)

給油後200kmほど走ってまた給油ポイント。
ようやくラバーコーンという天然の揺り籠?から目覚めたキィの字。
d0009175_2143244.jpg

「ここどこ?ママは?」

サービスエリアのトイレに行ってしまったママを探し出した。

こんな時、父は無力である。

「キィちゃん、ハンドル回す?」
「ハンドル回す~!」

d0009175_215341.jpg

パジャマのまま運転席に座り、何故かニッコニコ!

こんな時、クルマの力は無限である。

d0009175_2154229.jpg

そこからは終始ご機嫌のまま京都に到着~!
d0009175_216824.jpg

京都の路地にミニは良く似合うねぇ。
d0009175_2163756.jpg

新オーナー新川さんへの説明は簡単だった。
何故なら、全く同じモデル、同じ色のミニに昔乗っていたからである。
d0009175_2165347.jpg

路地を挟んだ向う側に可愛い電車が走る情緒ある所だったなぁ。
新川さん、リトルウッズをお選びいただき本当にありがとうございました!


時はお昼時、美味しいうどん屋さんを新川さんに聞いて移動。

「辨慶うどん」
d0009175_2171632.jpg

娘の「チュルチュル食べたい」というリクエストだった。
d0009175_2185097.jpg

味は京都らしい繊細な味付けだが・・・
d0009175_2191361.jpg

めっちゃボリュームあるからね!
(俺とカボさんをもってしても食べきれないかと思った)

その後は娘の「玉の輿」を祈願して「今宮神社」へ
d0009175_2195339.jpg

「お参りの前にココで手を洗うんだよ~」って教えたら最後・・・
d0009175_21102053.jpg

ここから引き剥がすのが大変だった(涙)
後日談だが、この数日後、
中村ニャンの預かり猫がセレブなご家庭へ嫁いだことは言うまでもない。
(もの凄いご利益)


こっちが本当の目的だったかもしれない「炙り餅一文字屋」
d0009175_21123158.jpg

水曜日が定休日・・・この辺が酒井氏に及ばない俺である(笑)


そしてベタすぎる「金閣寺」へ
d0009175_21125863.jpg

最初はスキップしたり走ったりしてたのに・・・
d0009175_21131945.jpg

最後まで歩けるわけないよね3才児(笑)


京都駅に向かう途中に立ち寄った
「錦市場商店街」
女性陣が一番目が輝いてたねぇ。
って言うか、わずか数百メートルの商店街に1時間ぐらい・・・
俺は娘の子守だから画像も無い(笑)

帰りの新幹線では手配済みの和牛弁当「はつだ」
d0009175_2134862.jpg

これもボリューム満点だったねぇ。
d0009175_21342946.jpg

ちょっと香ばしく肉肉しいお味!大変おいしゅうございました。

無事に納車を終えて、ただ楽しかっただけでなく
ミニの魅力、実用性を改めて知っただけでもなく、
京都は3才児を連れて観光するにはキツいことを再認識して
更には日帰りするには勿体ないってことが良く解った旅でした。





サーキットでタイムを計って縮めることって楽しいし、
腕を確かめる一つの方法だねぇ。
d0009175_2118258.jpg

(写真は先日行った茂木)
でも、僕のように運転レベルが低い者が腕を磨くには
速く走ろうとタイムを計るより
失敗(コースアウトやスピン)を経験することも大事。

公道での失敗は許されないわけで・・・でもサーキットなら公道より
遥かに安全に失敗を試せるのである。
初めての方にとっては急ブレーキや急ハンドルを切ってみるのも良いだろう。

そんな思いで企画した
「リトルウッズ走行会in茂原ツインサーキット」



テーマは「タイムを計らない走行会」

タイムはミスが少ないほうが速いわけで
タイムを計ると常にミスを避ける走りになる・・・

そんなのはクルマの限界を知り、特性を知った人のやること。
(たまに計ることは大事なことではあるが)

前のブログでも書いたとおり、若い時と違って恐怖心は大きくなる一方。
だから、恐怖は理論で埋めていきたい。

「クルマは物理学だ」


特に電子制御が少ない(もしくは無い)クルマは物理以外の何物でもない。
こんな状況下で、こう操作すれば、こうなる・・・に違いない(笑)

そんな理論を実際に走って試してみる。
「理論と経験のすり合わせの場」にしたいのだ。


コーナーの進入が速すぎてラインを外してしまう体験もしたい。
コーナー中に恐怖のあまりブレーキを踏んでスピンする経験もしたい。

そんな失敗を繰り返したくさん体験して、
安全に速く走る方法を見つけていきたいのだ。

既にたくさんのご参加表明をいただいておりますが、
サーキット初参加の方からサーキットの狼のような強者まで
かなり幅は広いですね!
面白いのは圧倒的に40才以上が多い(笑)
20代もチラホラ・・・30代どうした?

走行会はあちらこちらで開催してるわけで・・・
でも、速い人に交じって走るのは怖かったり、迷惑をかけちゃうからなんて
思ってる人も多いでしょう。

大丈夫、初心者クラスを設けて、先導車つきで追越禁止にします。

ノーマルのクルマで走って大丈夫かなぁ?なんて心配もあるでしょう。
大丈夫、茂原は一周1000mの小さなサーキット。
無茶な走りをしなければノーマルで十分たのしめる。
大切な愛車にも負担が少ない労りの走行ができるでしょう。

腕には自信がある。思いっきり走りたいぜ!って方もいるでしょう。
大丈夫、房総(千葉だけに)クラスを設けて思う存分勝手にやってくれ。

自信が付いたらクラス変更しても良いようにもしたいねぇ。

申込み用紙が完成しました。
d0009175_21194123.jpg

J-PEG?ってのに変更するのに手こずったよ(笑)
誰かこれをDLしてプリントアウトできるようにしてくれないかなぁ・・・

必要な装備、走れないクルマなど「茂原ツインサーキットのホームページ」でご確認ください!

走行クラスを3~4に分けたいのでサーキット経験やご要望をいっぱい書いてね。

お振込み期限が9月末となっていますが、時期が押してしまったので
10月5日と変更させていただきます。
(お振込み後のキャンセルはご返金できませんのでご了承ください)


最後に、当日は速いクラスから走行始めます。
経験豊富な方々は是非、初心者の方々の模範となるような走りを見せてほしいし
質問されたらアドバイスもどんどんしてほしい。
初めて会う人も多いと思いますが、楽しく交流できる場所にしたいのでご協力ください。

ではでは。
[PR]
by e-littlewoods | 2014-09-26 21:42 | 俺です。
caffeLittlewoods#1362 俺は今、再び「青春」を感じている
俺は今、再び「青春」を感じている。

「クルマを自分の体の一部のようにコントロールしたい」

これは青春時代にやりたかったけど途中で諦めて、
今なお残る「心の傷」である。

それをこの齢になってもう一度トライしたい・・・
そう悶々と思っていた今日この頃

リトカフェに遊びに来てくれたM6乗りのF氏との話は実に興味深いものだった。
d0009175_20545266.jpg

(前のM3はF氏を紹介してくれたY君。彼も超上手いM3使いだ)

このジンベイザメ(娘が大好き)のような巨体のM6を手足のように
コントロールするF氏の走りは
あのイギリスBBCの番組「TopGear」のジェレミーのようなのである。
d0009175_21113249.png

この日改めて彼のM6を見て驚いたのは

「素ノーマル」なのだよ。

もちろん、「M」の称号をもつM6だから性能が良いのは解っていたが
ノーマルであんな走りができるなんて

「TopGear」じゃないんだから・・・

俺とは次元の違う人で単純に凄いなぁって憧れた。

自分に同じことができるわけない・・・

と思いながらも「どうやってあんな走りをするんですか?」って聞いてしまった。

この時点では興味本位の質問である。(浅はかな男である俺は)
すると予想もしてない言葉が・・・

「自分より上手い人は五万といるし、むしろまだまだ下手だと思ってる」
「僕は元々センスがあったわけじゃないし、どちらかと言うと不器用でなかなか上達しなかったのよ」 
「しかも怖がりだから、若い時は勢いで試せちゃうけど、今は勢いだけでは行けないんだよね。絶対的な安全が必要なの」


ウソだろぅ?って言葉がいくつも。

「え~~?じゃぁ、じゃぁ、いったいどうやって上手くなったんですか?」
子供みたいになっちゃったよ。
この時点で(俺にも可能性があるんじゃないか?)って

ところが、次のF氏の言葉に谷底に突き落とされた気がした・・・

「昔、レーサーの長谷見さんが『運転が上達するのは33歳まで』と言ってたんですよ」

ガーーーーン・・・

膝からガックリ倒れたね。心の中で。
「ただ、その意味はレーサーとしての・・・・・」
続けて話すF氏の言葉はすでに俺の耳に入らなくなっていた。

(やはり俺には無理なのか・・・そりゃそうだよ)
俺のいつもの悪い癖だ。

「すぐいじける」

そうやって諦めかけた時、次の言葉が耳を突いた。

「ただ、僕はその年齢を超えてからもなお、クルマを上手く操れるようになってきてるよ。
だから小林さんも好きって気持ちがあればまだまだ上達するし全然諦める必要はないよ」


溺れかけてる最中にロープを見つけたようだった。
それからと言うもの、それこそ我を失って質問攻めをしたねぇ。
「俺にもできるようになりますかねぇ」を所々に織り交ぜながら(笑)

「僕は怖さを無くすために、そして安全に走る為に理論で穴埋めしてるんですよ。今更、若い時のように無謀に怖いことはできないから・・・」

俺の心に刺さったね。
この齢になって無謀な運転して事故ってる場合ではないからねぇ。
家族もいるし社会的責任もある。

そして次の言葉は刺さったどころじゃない。俺の心をえぐったねぇ。

「たいていの人は速く走りたいが先行して上手くクルマが操れなかったらチューニングに走るんですよ。足廻り替えたり、エンジンパワー上げたり・・・でもそうやってクルマの限界値を上げるってことは更に難しく危険な領域でクルマをコントロールしなければいけない状況に自分を追い込んでいるってことなんですよね。」
「良くある練習の定常回転においても、練習してなんとなく回れるようになって
『デキたデキた!ハイ次~!』って言う人が多いけど、理論的には一定のアクセルで一定のハンドル角でずっと回れるはずだから、それができて初めて『デキた』でしょ」


なんか、俺のこと言われてるみたいで痛かったけど、F氏が言う言葉だけに重かった。
彼曰く「自分は不器用でセンスがある方ではないし、今も上達する為に努力してる」んだから・・・
アラン・プロストに言われるよりずっと響いただろう。

「自分のやるべきこと」がハッキリ見えてきた。
と言うか、また間違ったことを繰り返しそうになってたことに気付いた。

「クルマを自分の手足のようにコントロールしたい」

俺みたいに途中で諦めた人間にとっては今のレベルが高いか低いかは問題じゃない。
今、上達してるか?それに向けて努力できてるか?が大事なのである。

俺から見れば超ハイレベルなF氏が更に上を見ながら楽しんでる姿に

「青春」をみた。

同時に俺もわずかに「青春」の匂いを鼻先に感じたのである。
[PR]
by e-littlewoods | 2014-09-01 21:13 | 俺です。
caffeLittlewoods#1361 「リトルウッズ走行会in茂原ツインサーキット」
最近、俺の周りで多い話題が「クルマ」「子供」なんだけど
子供を愛し大事にするのは、みんないっしょ。

そこで、「子供の為に好きなクルマを諦めるか?」ってこと。
僕の場合、思い出してみると妻の妊娠から始まったねぇ。

今まで好きなスポーツカーに乗ってたんだけど・・・乗り心地の良い4ドアにしなきゃ!
d0009175_2013479.jpg

って乗ったSクラス。良いクルマよ速くてエアサスで!

子供が生まれたら生まれたでベビーカーを乗せなきゃいけないから5ドアだ!
d0009175_2023924.jpg

って乗ったE63ワゴン。これまた速くてエアサス!

そんなことで気付くと子供中心になってたねぇ。

無理やり911にチャイルドシート付けて伊勢神宮まで往復。
d0009175_2021112.jpg

ブレーキングとともにシートごとキィの字が
後ろから飛んできて・・・
妻に怒られたことも記憶に新しい。
d0009175_203042.jpg

2ドアの大排気量も諦めたっけ・・・

でも、もう我慢できないのだよ!

先日、仲間達と飲んでいた時のこと。
一人の仲間が(我が家と同じ3才児のパパ)
「子供がチャイルドシートを嫌がってクルマに乗ってくれないからクルマ売ろうかなぁ・・・せっかくアウディTTからA4に乗り換えたのに・・・どうせ乗らないならTTを買いなおそうかなぁ」って。
そしたら周りの全員が
「パパがTTに楽しそうに乗ってたら乗るって言うかもよ、娘さん」

そうだねぇ、俺はヒントを見つけたきがしたねぇ。

俺の友人には自分の好きなクルマに乗り、操り、楽しんでいる親父が多い。
そして、その背中を見て育った子達はそれぞれ自分の好きな事を見つけ
熱中し、邁進している気がするのだよ。

俺も決めた!

自分が運転して楽しいクルマに乗って娘をアッチコッチに連れて行くぞ!

子供のことを思いやったり大事にしてる方々を否定しているわけではない。
それはそれでカッコ良い事だ。
でも、俺はクルマが好きで始めたクルマ屋だからねぇ。
シガーバーの店長が子供に「パパ葉巻臭いから嫌い」と言われ禁煙するようなもの。
「葉巻吸ってるパパがカッコいい!」ぐらい言われないと、ねぇ(笑)

世の中の「クルマ好きを旦那に持つ妻」の皆様もご理解とご協力のほど
宜しくお願い申し上げます。

ってことで、10月15日(水)開催します!

「リトルウッズサーキット走行会in茂原ツインサーキット」
d0009175_2024561.png


何で平日なの~?って聞こえてきますが・・・安いからです。
(いずれ土日開催も企んでいますが・・・)

ほとんど直線が無いカーブばっかりの小さなサーキットだよ!

タイム計測はしないよ~!(タイム計りたい人は他の機会に)

クルマをコントロールしたり限界を試したり・・・
(ドリフトは禁止→コースのルール)
初心者と経験者と2グループに分かれて走るからね!
(30分X3本の予定です)

仲間のポルシェマイスターをアドバイザーに用意してますからね!
運転の相談があったら教えてくれるよ~!

詳しくは下記の通りです!

開催日時   :  10月15日(水) 13:00~16:00

場所     :  茂原ツインサーキット〒297-0044 千葉県茂原市台田640

参加費    :  12000円(保険料は別途1500円~)

参加規約   :  20台に達し次第締め切ります。
          サーキットのルールにあったクルマ・服装にて!→ コース規約

お申込み   :  FBでもイベント企画しますのでそちらに参加表明していただくか
          下記までメールにてご連絡くださいませ。
          Info@s-littlewoods.com
メールを確認いたしましたら必ずご返信いたしますので
          返信が無い場合は電話をくださいませ。
          03-5797-5960 




お盆休みを利用して富山の実家に帰省してきた。
母に「キィの字はラーメン大好きだよ」って言ったらここに
「きりん飯店」
d0009175_2010289.jpg

今は亡き父と来たラーメン屋らしい(あまり憶えていない)
富山駅からほど近い住宅街にあるのだが
看板の電気は点いていない。
間口も1間ぐらいしかないので通り過ぎたぐらいだ(笑)

僕はチャーシュー麺を頼んだのですが・・・
d0009175_20101410.jpg

チャーシューの大きさにビックリ!
「50年前から変わらない味」
お盆の期間は帰省した人で混雑する名店でおすすめよ!


実家ではマオという名の猫(アメショー)が一人暮らしの母を守っている。
d0009175_2011752.jpg

13歳ぐらいかなぁ、もう「人」だね(笑)
d0009175_20111620.jpg

歓迎のポーズを取るも・・・
d0009175_20283145.jpg

何かにビビるマオ
d0009175_20284324.jpg

キィは苦手のようだ。
d0009175_202956.jpg


キィは富山の実家の庭が気に入ったようでブルーベリーの収穫に
d0009175_20294471.jpg

絶対食べないのに・・・

途中でセミの抜け殻を発見し怪訝な表情だが
d0009175_20295317.jpg

これだけ近寄れたので一歩前進だなぁ。

収穫したブルーベリーは床にばら撒いて・・・
d0009175_20302631.jpg

終了!

マオもビックリの暑い夏の日なのだよ。

リトルウッズ在庫情報はホームページから!
[PR]
by e-littlewoods | 2014-08-26 20:33 | 俺です。
caffeLittlewoods#1360 「出来の悪い子ほど可愛い」
リトカフェの空間を使って保護された犬猫ちゃんの里親探しの会を開催した。
主催してくださったのはボランティア団体のボイスさん。
今回で2回目の「一日どうぶつカフェ」inリトカフェである。
今回も可愛いワンニャン大集合だったわけだが
ボストンテリアの「ダンゴ」ちゃん大人気!
d0009175_21594768.jpg

アイフル犬も健在!
d0009175_2204822.jpg

この2匹にはお申し込みが何件もあったようですねぇ。

個人的にはメッチャ性格の大人しい「アロマ」ちゃんが好き~
d0009175_2211960.jpg

片目が不自由なことも関係あるのかなぁ・・・
(ずっと見てると一つの個性になると思うだよなぁ)

こういう所がクルマに似てる。人気あるクルマには問い合わせ多数!
問い合わせ無いクルマは・・・ずっと残る・・・

僕はひねくれ者だから人気無い方へ無い方へはしるタイプ(笑)

前回、猫と犬を家族として受け入れてくれた
アンコとバディも遊びに来てくれたのは嬉しかったなぁ・・・
d0009175_2252881.jpg

これは俺の腹の上だけど、アンコは飼い主のH福さんの膝で寝てるし
d0009175_226428.jpg

バディは名づけ親である俺のことなど忘れ
ずっと前から家族だったかのように
今のご主人様のもと幸せそうにシッポを振ってた(笑)


今回はカレーを食べればボランティアの支援になるってことで
駆けつけてくれた人もいっぱいいらして・・・
d0009175_2262314.jpg

d0009175_2264172.jpg
d0009175_2265234.jpg

イベントの時間に予定をしてた納車のお客様は時間を遅らせてくれたり・・・
とにかくいろんな人からいろんな形でご支援ご協力いただき
今回も大成功な「一日どうぶつカフェ」なのでした!
ありがとうございました!


最近、我が家の猫のネタがブログに無いですね!
なんてご指摘もあったりして・・・
5猫にまみれた生活は以前と変わりないのですが・・・

我が家の話題の中心が「ジジ」であることも以前と同じ(笑)
d0009175_228111.jpg

ジジは我が家で唯一のハッキリとした捨て猫。
修善寺の山道の隅にダインボールに入ってるところを発見したからねぇ。
d0009175_22232062.jpg

彼が生まれて1か月ぐらいの時だったでしょうか・・・
猫にとってこの時期は母親や兄弟が絶対必要な時期らしいのです。
母親に甘えながら叱られながら、兄弟とじゃれながら痛みを勉強するんだねぇ。

今回の里親会もだからこそ最初の数カ月は母親や兄弟と一緒に
ボランティアさん宅似て過ごし、
その後里親さん宅に引き取られて行くのだそうだ。


そんな大事な幼少期に一人寂しく捨てられたジジ・・・
噛まれる痛さを知らず、甘え方も知らなかった。
d0009175_22235439.jpg

我が家に来てすぐは先住猫だったグッチも逃げ出すぐらい。
d0009175_22242133.jpg

僕らの手も傷だらけになったことを思い出すんだねぇ。

そんなジジも我が家に来て6年が経ち、
他の猫とは少し変わった個性を持つ猫になった。

僕が自転車に乗って帰宅すると、中からバた~ン・・・ドタドタドタ!
2階のベランダからニャンパターンを通過して室内に入り
階段を走り降りる音が・・・
玄関を開けて入ると・・・
d0009175_2285265.jpg

さもそこに前から居たかのようにしてるが、確実に息が乱れてる。
「ジジありがと~」って撫でるとガブッと噛みつく。

行動の意味は半分不明だが照れ屋であり
愛情表現が下手なんだろうねぇ。


今度は娘がママと出かける前。
d0009175_229153.jpg

「ジジは留守番でしょ~」
子供は平気で残酷なことを言うものである。
その時は余裕の見送りに見えたのだが・・・
d0009175_2295347.jpg

玄関をひたすら見つめ、そして遠吠えをし・・・
僕の存在に気付くと・・・
d0009175_2210399.jpg

軽く睨み付け
d0009175_22102175.jpg

ふて腐る(笑)

タチは悪いが「究極の寂しがりや」であり「究極の甘えん坊」なんだねぇ。

普通に考えたら飼い猫としては微妙だが
娘の目から見てもジジはとても愛すべき存在のようだ。
d0009175_22105692.jpg

箱や袋があると必ず入るジジ
d0009175_22112147.jpg

ママに持ちあげられ「特別扱い」
至福を感じるらしい・・・
それを見た娘は「キアラもやる~」と言って
d0009175_2212192.jpg

入った・・・さすがに持ち上がらない重さだ(笑)

と言うことで、僕らにとってジジは無くてはならない存在。
まさに「できの悪い子ほど可愛い」といったところだろうか。
最近めったに聞かなくなった言葉だ。

クルマだってペットだって家族だって・・・
優秀さだけを求めるのではなく、自分だけの解釈、尺度で
価値観を見出し続けたいのである。
[PR]
by e-littlewoods | 2014-08-11 22:27 | 俺です。
caffeLittlewoods#1359「男前豆腐夏祭り」を終えて
「男前豆腐夏祭り」を終えて

二日間にわたってリトカフェで開催した「男前豆腐夏祭り」
d0009175_1654773.jpg

写真:いろんな人のをFBから無断借用
二日間でのべ100人を超えるご参加をいただきました。
d0009175_17155294.jpg

(子供達、ワンワン、ニャンを含む)

リトルウッズって何屋?

このお祭りって何目的?

勿論「リトルウッズはクルマ屋です」

リトルとしてはヨーロッパから直接新車で輸入している
「PANDA VAN」仕様をいっぱい売る為のキャンペーン活動なのだよ!
d0009175_167108.jpg

忘れてたでしょ!
マニュアルミッションのPANDAがディーラーで販売されていないし
全てツインエアーエンジンなので伝統の4発の設定もない。
そんなPANDAの前後バンパーをウレタンに替え、鉄ホイールでの輸入だ!

今回は「男前豆腐店」さんのブランド力をお借りして
「PANDA VAN男前仕様」を作ってみたわけ。
d0009175_16101651.jpg

おかげで多くの人に知っていただけたと思う!
あれから問い合わせの電話が鳴り止まないのだよ(ウソ)

この企画をしてくれたのはサワダ・ヨシキ氏
普段はもっと大きなイベントの企画を本職とされている。
サワダ氏のおかげで「男前豆腐店」というビッグネームとコラボできたわけだ。
d0009175_1733086.jpg

それとご紹介いただいた御茶ノ水ジャズライブハウス「NARU」の店長増田氏
金魚が趣味と言うことで「お・と・なの金魚釣りコーナー」を実現してくれた。
d0009175_16102086.jpg



「男前豆腐店」「サワダ・ヨシキ」「NARU」

勝手ながら共通点があると思ってる。
それは「本業でのこだわり」「遊び心」である。

それぞれの本業について語らせたら全員うるさいよ~(笑)

男前豆腐店だってパッケージングや今回のイベントのように
「遊び心」満点ではあるが豆腐作りや
材料に対する「こだわり」も凄いものがある。

サワダ氏は今回の企画を数カ月も前から構想準備をして、
子供や大人たちが楽しめるゲームなどを細かく指示調整してくれた。
その「遊び心」への「こだわり」はこれまた凄い。

「NARU」は御茶ノ水にある老舗のジャズクラブ。
普通に考えたら年配のジャズファンだけを相手にしれてば
何の問題も無い伝統あるお店だが、
若者を巻き込んだ新しい事へのチャレンジを忘れない。

驚くべきことに
全員ノーギャラである。

なんの為に?

良く言われるねぇ。本業のクルマ屋をもっと一生懸命やれとか(笑)
でも、そういう方には説明してもご理解いただけないだろう。

そもそも、僕の場合クルマ屋だって
お客様に「喜んでもらう喜び」がベースになってるから・・・
だから真剣だし、全然違和感ない。


「真剣に遊ぶ」っていうことだろうか・・・

そういう意味ではお集まりいただいた皆様も
見事に真剣に遊んでくれたなぁ。
d0009175_16115451.jpg

S波さんにいたっては数百人に招待をしてくれた「影の立役者」である。
d0009175_17343894.jpg

これまた真剣に遊ぶ子供達に混ざって
d0009175_16124919.jpg

真剣に遊ぶ「ことな」達が俺は大好き!

子供達はこの真剣に遊んで笑う「ことな」達の背中をいつまでも記憶にとどめ
いつの日かその背中を追い始めるでしょう。

ご参加、ご協力くださった皆様、本当にありがとう!


追記、webニュースのレスポンスさんに記事として載せていただいたことも嬉しかったです!   ↑ ↑ ↑




リトルウッズではこんなブームが起こりつつある。
d0009175_17293225.jpg

「E36M3を振り回して遊ぼう!」

こうなったのもいくつかの要因がある。
1.今までスポーツカーの代名詞だったポルシェの高騰
 ここのところ空冷ポルシェは異常な価格に突入。
 振り回して遊ぶには高過ぎ(笑)

2.子供が一緒に遊んでくれない年頃になった。
 我が家はまだチビだが、みんな中学生、高校生になってクルマで一緒に出掛ける機会が減り、つま りはスライドドアの便利なクルマである必要がない。

3.普段も使うのでエアコンレスはキツイ
 楽しさだけで言えばキャブ車が欲しいところだが、一家に一台だとそれもねぇ・・・。
  
4.若かりし日に憧れたけど高くて買えなかったクルマに乗りたい。
 ちょうど95y前後って僕は20代で700万ぐらいしたM3って高嶺の花でした。

5.昔乗ってて楽しかったあのクルマにもう一度乗りたい。
 歴代楽しいクルマを乗ってきたうえで、楽しかったクルマ黄金期のE36は思い出に残る一台である。


もう一度あの楽しいM3を振り回してコントロールしてみたい。
とは言え今更、速いクルマや上手い人に交じって走るのも気が引けるし・・・
タイムはさて置き、同じような速さのクルマで小さなサーキットで練習したい!

楽しそうでしょ!


3台ほど買い付けて、2台は売れました。
(3リッターなら足廻り、ブレーキやって総額150万前後)
一台は整備中だが、これも半分予約済み。

どんどん買えばいいじゃんって思うかもしれませんが・・・ここで大問題

タマが無い。

ボロばっかりなんだよなぁ・・・
ボロの中から選りすぐって良いのを選んで探します!

M3で一緒に遊びに行きたい人大募集!

(M3やサーキットに興味ある人も)

「リトルウッズはクルマ屋です!」

「リトルウッズホームページ」 

「リトルウッズ在庫情報」 
[PR]
by e-littlewoods | 2014-07-22 17:53 | 俺です。
caffeLittlewoods#1358 いよいよ明日、明後日、男前になるぜ!
いよいよ明日、明後日は「男前豆腐夏祭り」in リトカフェの開催ですねぇ。

色んなお祭りを今まで開催してきたけど・・・
(用賀さんま祭、用賀レコード祭、用賀うた祭)
今回は「男前豆腐店」さんとコラボして本当の「お祭り」やっちゃえって企画。
d0009175_2042767.gif



子供達や子供みたいな大人達が楽しく遊べたら最高だなぁ・・・
リトカフェ1周年でもあるので思いっきり楽しんでもらえる企画にしました!



グラサンドウフ釣り 
d0009175_20422676.jpg

グラサンドウフを子供用プールにいっぱい浮かべ
水ヨーヨーの紐で釣り、そのままお持ち帰りいただくのだ!
夜ご飯のおかずに困ってる方に朗報です!
太っ腹だなぁ「男前豆腐店」



金魚すくい、じゃなくて金魚釣り
d0009175_2045556.jpg

JAZZライブハウス「NARU」の店長さんが自ら仕込んでくれるらしい!
僕自身も明日のお楽しみ!きっとプチ釣堀だね!
目を離した隙に「ニャン」が食べないように注意せねば・・・
d0009175_2173673.jpg



射的で駄菓子
d0009175_2046146.jpg

空気コルクライフルでお菓子に当てて落としたらもらえる射的ゲーム
試してみたら玉の勢いが弱すぎて小さなガムしか落ちない仕組み(笑)
完全にぼったくりである。



輪投げでおもちゃ
d0009175_20465783.jpg

コルゲートチューブで造った輪っかで景品をゲット!
d0009175_2047939.jpg

一番奥の方には、どう考えても輪っかが入らないだろう的なダミー商品もご用意!
d0009175_20474731.jpg

くだらない物からくだらない物まで!たくさん取ってね~!



ゲーム券5枚を500円にて販売します。
d0009175_2131395.jpg

完全にボッタクリなので気を付けてご購入ください。


食べ物はお祭りふうに焼きそば(鉄板)、焼き鳥(炭火焼)、
カレー(リトカレーではなく当日カレー)をご用意しますが
無くなり次第終了っす。
子供達には子供ビール用意したぜぃ!
d0009175_2050357.jpg

アルコール、お飲物はキャッシュオン!




ヨーロッパから直接輸入した「PANDA VAN男前豆腐仕様」もお披露目!
d0009175_2050473.jpg

こんな「素」のPANDA VAN仕様が・・・
d0009175_20512367.jpg

「男前豆腐」仕様に大変身!
ヨーロッパで見たカッコいい商用車を思い出すねぇ。
d0009175_20523812.jpg

全貌は当日のおたのしみ~!


明日は15時~19時まで。明後日は12時~17時までやってますので
ドタ参、ちょい寄り大歓迎ですのでどなた様もお気軽にお立ち寄りくださいね!


タイミングが合わずご参加いただけない方にも「男前豆腐店」グッズがもらえるチャンス!
d0009175_2057556.jpg

ドシドシご応募お願いします!

クルマでご来場の方々へ
大変申し訳ございませんが駐車場のご用意はありません。
近隣の100円パーキングをご利用ください。
d0009175_2059165.png



日時  :  7月19日 15時~19時
         20日 12時~17時

参加費 :  500円(ゲーム券5枚付き)

場所  :  株式会社リトルウッズ内「リトカフェ」
       〒158-0096東京都世田谷区玉川台2-12-1

リトルウッズホームページ

リトルウッズ在庫情報
[PR]
by e-littlewoods | 2014-07-18 21:14 | 俺です。
caffeLittlewoods#1357「男前豆腐夏祭り」inリトカフェ
毎日雨の梅雨真っ只中ですが、そんなジメジメ吹っ飛ばすイベントご紹介します!

「男前豆腐夏祭り」

今度こそ本当のお祭りだ!
環八が見えるウッドデッキではお豆腐が釣れる?トーフ釣り!
d0009175_1850857.jpg

(練習風景 : 実際はもっと大きなところに豆腐を浮かべます)
よくある「水風船」を釣るやつで「グラサン豆腐」を釣ってもらって
お持ち帰りしてもらおうってゲーム(笑)

その他、カフェ内ではおもちゃが貰える「輪投げ」や
駄菓子が取れる「射的」なんか用意しちゃったり!

焼きそばを炭火+鉄板で焼いたり、もちろん噂のリトカレーも!

大人も子供も遊べる「夏祭り」の開催だ!

そこで発表する秘密兵器!

「PANDA VAN 男前豆腐仕様」
d0009175_18593981.jpg

リトルウッズで直接輸入した「PANDA VAN」

d0009175_1859429.jpg

(199万円(税別)諸費用込238万円でご注文受付中!)
前後バンパーが黒ウレタンで白いボディーとのコントラストがたまらない!
その「PANDA VAN」が男前豆腐仕様に大変身!

ちらっとご紹介しちゃいます!
d0009175_18595332.jpg

これは商用車なのか?
d0009175_1904100.jpg

それともショーカーなのか?
d0009175_191271.jpg

ハッキリ言って目立ちます(笑)
d0009175_191243.jpg

全体像は当日見にいらしてね~!

日時  :  7月19日 15時~19時
         20日 12時~17時

参加費 :  500円(ゲーム券5枚付き)

場所  :  株式会社リトルウッズ内「リトカフェ」
       〒158-0096東京都世田谷区玉川台2-12-1

リトルウッズホームページ

リトルウッズ在庫情報
[PR]
by e-littlewoods | 2014-07-07 19:35 | 俺です。
caffeLittlewoods#1356 パンダ バン バーン!
本当に筆不精で嫌だ・・・(一週間があっという間)
先週の土曜にリトカフェで開催された第二回「ときわ」さんのライブ。
d0009175_11403687.jpg

(撮影協力:酒井悦郎氏)
個人的にはいろんなことが錯綜した夜になったねぇ。

ライブが始まった時に頭をよぎったのは2010年夏のことである。
尾山台に造ったイタリアンカフェCOVO(リトカフェの前身)で行われた
第一回「ときわ」さんライブである。
d0009175_11442235.jpg

もう4年も経ったんだねぇ。
あれから紆余曲折・・・Covoを閉じることになり、
(つまりは失敗に終わり)
片付けた荷物や家具をリトルウッズ世田谷店の2階に運び込み
d0009175_1155371.jpg

(まさにトキワさんが歌ってるその場所である)
山積みになった鍋や食器を見ながら途方に暮れた2013年1月

もう一度この場所にカフェを造ろうと重い腰を上げた同年春。
d0009175_11552619.jpg

全てを自分たちの手で造ろうとトンカントンカン3か月。
d0009175_1155378.jpg

なんとなく形になった夏。
それから一年が経ち、それまでの思い出が走馬灯のように駆け巡った。


トキワさんが「愛の賛歌」を歌い始めた時、俺の目頭は決壊した。


全ての「苦しみ」「怒り」「悲しみ」から救われたような・・・


お集まりいただいた皆様はどう感じたか解りませんが
個人的にはこんなこと感じながら聴いていた。
d0009175_1205232.jpg

初めてライブで歌ったというタンゴも暗くて迫力あって良かった。
普段はフヮァ~っとした感じのトキワさん。
ギャップが良かったなぁ。

コメディ俳優が普段は暗いように、二枚目俳優が実は三枚目であるように・・・
これからのトキワさんにも注目していきたい。



新車のパンダを並行輸入した。
d0009175_1212372.jpg

ディーラーでマニュアルの販売が無いとは言え
普通に輸入しても面白くないし
d0009175_12373194.jpg

ヨーロッパで見てカッコ良かったクルマを日本で走らせたいから・・・
d0009175_1224353.jpg

(写真は今年2月にパリで見たカングー)

思いついたのは

「パンダ バン」


イタリアではパンダが立派な商用車として活躍してるのだが
それが実にシンプルでカッコいい。
d0009175_1238143.jpg

ミラーはもちろん手動よ~

日本でもカングーのオーセンティックやクルールと言った
黒ウレタンバンパーで人気があるよねぇ。
d0009175_12311749.jpg

これはリトルの売り物。 )
それのパンダ版なのだよ。
ただ、商用車を日本に入れると車検が毎年だったりして
色々デメリットもあるので、今回はバンパーを付け替えて日本に
入れることにした。
d0009175_12315510.jpg

車両価格199万円 (税別)
諸費用全て込238万円でご注文承ります。
(急激な為替変動により価格が変わることもあります)


実はこの「パンダ・バン」ですが・・・
あの「男前豆腐店」さんとのコラボイベントが決まっていまして・・・
d0009175_12513274.gif

本物の商用車ふうに変身する予定です!

そして来る7月18日、19日と二日間イベントを行う予定!
詳しくは後日!

お楽しみに~!

「リトルウッズはクルマ屋です」


リトルウッズホームページ 
リトルウッズ在庫情報  
[PR]
by e-littlewoods | 2014-07-04 12:51 | 俺です。
caffeLittlewoods#1355 一日どうぶつカフェ
昨日は念願だった犬・猫達の「里親会」をリトカフェで開催した。
d0009175_18585758.jpg

(遠くを見つめ何を思うバディー : 写真無断拝借 中村仁美にゃん)


我が家にも5猫がいるわけだが、全ての猫との出会いを良く憶えているし
今でも思い出の1ページなのだよ。

こんな家族の一員であるペットとの出会いの場をリトカフェで作れたら・・・・

どうぶつ保護のボランティアをしている「ボイス」さんから
お声をかけていただいた時に嬉しさ反面、
「はたしてクルマ屋で良いご縁を作ることができるだろうか?」
って不安もあった。

やる前から諦めるな! (やってみてから考えろ!)

最近はこんな精神で何事にもチャレンジしてるのだよ(笑)
実際やってみてどうだったか?

結果からいうと5猫のトライアルが決まった!
d0009175_18372454.jpg

先住猫との相性問題や避妊手術などなど、まだハードルがあるとは言え
上手くいけば「5匹の幸せな猫の誕生」である。

嬉しかった~! (大声だして走りたいぐらい)
d0009175_18575288.jpg

一つの出会いを紹介しよう。
つい、一週間ほど前にお会いした「クルマ好き仲間」のKMGTさん。
ご両親を連れていらっしゃいました。
結果、2匹の仔猫を引き取ってくれることになったのですが
最初から飼うつもりではなかったんだねぇ。
最近元気のないご両親に
「猫ちゃんを見せて元気になってもらおう!」
d0009175_19163778.jpg

(猫好きならではの発想である)
以前に猫を飼ってたこともあり、愛らしい仔猫を愛でているうちに
「もう一度飼ってみよう」になったんだねぇ。
「これから25年、頑張んなきゃ」って笑うご両親様の笑顔を見て
「猫って凄いパワーだなぁ」って思った。

帰り際「息子をこれからも宜しくお願いします」と
何度も何度も僕らに頭を下げるお母様・・・
自分の母を思い出し(富山で元気ですが)目頭に熱を感じた。
素敵なご家族に出会えたなぁ(猫に感謝)

それと、リトルウッズのクルマ仲間から里親が誕生したことも嬉しかった!
d0009175_1831411.jpg

「リトルウッズはクルマの里親会です!」
「クルマを愛する人」「猫を愛する人」に悪い人はいない。

家族が増える瞬間に立ち会えたこと、これからずっと出会った場所として
リトカフェが楽しい思い出の1ページになるんだなぁって想像しただけで
とても幸せな気持ちになった。

仔猫たちを引き取ってくれることになった皆様と
ボランティアのボイスさんに心から感謝申し上げます。

それと、飼うことはできないけど気になって来てくれた仲間のみんな
d0009175_1855264.jpg

ビールを飲みながらワンちゃんをナデナデしてくれたり
d0009175_1917551.jpg

仔猫見ながらカレーを食べてくれたり
d0009175_1915129.jpg

キィの字(娘)の相手をしながらパスタ食べてくれたり
d0009175_195246.jpg

写真撮ったり片付けを手伝ってくれたり
d0009175_19152973.jpg

幸せの後押しをしてくれて、本当にありがとう!

ではでは!

More
[PR]
by e-littlewoods | 2014-06-15 19:22 | 俺です。
caffeLittlewoods#1354 「うたまつり」ははたして?
一昨日の「シロウトうたまつり」 にご参加いただいた皆様
ありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
d0009175_145624.jpg

「アコースティックな楽器を持ち寄ってみなで歌おう」という企画。
最初は何も考えずに「それ楽しそう!やりましょう!」って飛びついた。
でも・・・高校生以来ギターを触ってもいない俺。
いざ日にちが近づいてきて「楽しみ」「恐怖」に変わってきたねぇ。

「どうする?俺」


そもそも何を歌う?

子供の頃、フォークギターを抱えて歌ってたのは
千春様の「恋」とか・・・
堀江淳の「メモリーグラス」とか・・・

暗すぎるだろ(笑)

(この顔で女心歌ってどうするのぉ~)

そんな時、頭によぎったのは辛い時にいつも口ずさんできたこの曲だった。

「アイラブユーOK/矢沢永吉」 ← youtube動画
d0009175_1113948.jpg

「え~ちょっと、さっき、楽屋で練習してきたやつ、やります」
ってギター一本で歌う永ちゃんのカッコいい姿!

俺も「ちょっと昨日練習した曲、紹介します!」って・・・

や~り~た~い~~~~!


前日のBBQが終わった夜10時からインターネットで楽譜を検索して
練習を開始した。
クルマの中でもカラオケでも歌ってるし何とかなるだろ・・・
なんて安易に考えてたけど、歌とギターを両方やるって・・・無理(-_-;)
しかも伴奏が無いと「なんて自分が下手だったのか」がよく解る。

プロって凄い!


永ちゃんのCD聴きながら歌ってる時は歌えるのになぁ・・・
深夜の1時を回った頃・・・指先の皮も剥け始め・・・
気力も尽き・・・諦めた(涙)

(やっぱりやめとけばよかった・・・こんな企画)

準備するのも遅いんだよねぇ、俺。

大好きなクルマと音楽は「めんどくさい事やって行こう!」って思ってたけど
いざ下手な歌とギターを人前で披露するとなると・・・ねぇ。

そんな時、企画メンバーのお一人である木村さんの言葉を思い出した。
「僕も2年前、約35年ぶりくらいにギターの弦を張ってはみたものの、
最初の1年は恥ずかしくてライブには出られなかったんだよ~
みんなで無邪気に楽器と遊びましょう!」


そうだよ、音を楽しむと書いて音楽だぜ!

緊張はしたものの結果歌って良かった!
一曲歌っちゃえばその後はノリノリよ~!
d0009175_9264998.jpg

(ヨネちゃん画像拝借)
「みんな歌っちゃいなよ~!」ってね(笑)

他のみんなは解んないけど、俺は超楽しかった!

だから、 またやるよ!

今度は曲を何曲か決めてみんなで練習して集まろう!
色んなジャンルから募集したいね!
「ソウル」「ジャズ」「ボサノバ」「フォーク」「歌謡曲」「ロック」「演歌」・・・
そんで、最初に練習タイムを設けたりして、その後本番とか・・・


「アイラブユーOK」はテーマソングにしてもらったので次回もやるよ!
(間奏にサックス入ると最高なんだけどなぁ・・・)

締めは「Dock Of The Bay」 ← 動画みたいにみんなで順番に歌うからね!
d0009175_2211656.jpg

練習、よろしくぅ~!

さぁ、血が逆流してきた人(ウズウズしてきた人)次回のご参加お待ちしてます!



当日、歌った主な曲を紹介しておきます!

一曲目、その日最年少の参加者S・クラウド君に
「何かヤレ!」と無茶振り(笑)
ローンで買ったマーチンで弾いてくれたのは
「Eric Clapton - Layla Unplugged 」 
d0009175_1292658.jpg

21歳にして俺と似た音楽が好きと言う彼のおかげで
ローリングスタートがきれた。(ありがとうねぇ)

ちーねーちゃん(従姉)が連れて来てくれた自称人見知り様。
本当はナルちゃんのラッキーさんが歌ってくれた
「スローバラード/ RCサクセション」 
d0009175_1374069.jpg

流石、清志郎さんカルトクイズ全国大会第二位!

木村さんの少し嗄れた声で弾き語ってくれたこの歌 
「唇をかみしめて/吉田拓郎」
d0009175_1415179.jpg
 
カッコよかったなぁ・・・勿論一緒に歌わせてもらって、もう最高!

ヨネちゃんのギター弾き語り
「松任谷由実/消灯飛行」 
d0009175_1524338.jpg

このボサノバアレンジには脱帽。その他ボサノバ2曲も暗くて良かったよ~!

早川さんがその場で楽譜を渡しピアノとのJAZZ!
「LOVE」 
d0009175_158650.jpg

だんだん場馴れしてくる早川さん。努力の成果が出てきてるねぇ。

ピアノのイントロが流れた時、鳥肌が立ったねぇ
「Billy Joel/ New York state of mind」 
d0009175_212337.jpg

木村さんの1000円ハーモニカとS・徹也の美声に皆が酔いしれた。

キーが合わないのに無理やり歌ってもらった新川さんの
「松田聖子/ SWEET MEMORIES 」
d0009175_2154115.jpg
 
聖子ちゃん世代の俺としてはど真ん中だった!

貞吉なおこさんはプロなのでおもちゃのトランペット「カズー」で参加!
ピアノをバックに演奏しました!
「Left Alone/Mal Waldron 」
d0009175_9202591.jpg

歌の上手い人は「カズー」でも上手いのが解るから不思議(笑)
(いいんですよ。プロでも歌ってもらって・・・ギャラが出ないだけ)

企画してくれたサワダ・ヨシキさんが歌った
「青い瞳のステラ/柳ジョージ」
d0009175_9315223.jpg

木村さんとののハモリ・・・カッコ良すぎだぜ!

フルートを持って来てくれた高橋さんと木村さんが
その場で打ち合わせして合奏!
「My Way/Frank Sinatra」
d0009175_239417.jpg

あんな間近でフルートを聴いたの初めてだったけど
優しいのに力強い音色に驚いた。
みんなで順番に歌って・・・締めには相応しい演奏だったねぇ。

羽持さんのデッカイの!ピストン動かなくて残念ですが一瞬の音だけで歓声が上がったねぇ!
d0009175_239230.jpg

歌でも積極的に合唱コンクールの美声を轟かせてくれてありがとう!

他にもいっぱい歌ったんだけど、極度の緊張の為に断片的に記憶が飛んて
紹介できずにすいません(笑)

次回はみんなで何曲かは練習して臨もうよ!楽しみです!では~!

「リトルウッズはクルマ屋です!」キマッタ~!

「リトルウッズHP」 
「リトルウッズ在庫情報」
 
[PR]
by e-littlewoods | 2014-05-07 09:32 | 俺です。



自称・日記王子コバさんとネコネタ収集係カボさんの猫とクルマのお話です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧