カテゴリ:俺です。( 825 )
caffeLittlewoods#1383「別冊リトルウッズvol4」
明日から12月だねぇ。

あっという間の一年だったが
一年前の出来事をFBなどで振り返ると
凄く昔のような気がするなぁ・・・

と言うことで既に4回目になるんだねぇ、別冊リトルウッズ。

今週末12月5日にリトカフェで開催します!

若干数お席が空いてますので是非お越しください。


フリースタイルカーマガジン
@別冊リトルウッズvol4
東京モーターショーも終わったぞスペシャル!
「近未来のクルマはどうなるの??」
d0009175_16531765.jpg

先月開催された東京モーターショー
海外のメーカーも久々に揃い
中でも国産車の力作が揃っていたと
評価されたそんな内容でした

これからのクルマはガソリンなのか、ハイブリッドか、はたまた電気か水素か?
時代は移りゆくけど、クルマの楽しさは
変わらないはず!?

今回も人気編集者、ライターとしてお馴染みの嶋田智之さんと一緒に盛り上がろう!


出演 嶋田智之(編集者、ライター)
小林正治(リトルウッズ)
MC サワダヨシキ

日時 12月5日土曜 15:00-18:00

会費\2000(25才以下、女性半額)
ご希望の方にはトークショー終了後にヴッフェ(別途2000円)をご用意しております。
[PR]
by e-littlewoods | 2015-11-30 16:54 | 俺です。
caffeLittlewoods#1382 グッチが星になった
この夏、グッチが星になった。
d0009175_20573555.jpg

撮影:仁美ニャン

悲しすぎて・・・心に開いた穴が埋まらなくて・・・

でも、それ以上に彼からもらった幸せは大きいから・・・


何年一緒に過ごしただろう?
d0009175_20583584.jpg

カボさん(妻)と出会う前からだから・・・17年ぐらいかなぁ・・・

楽しい時も辛い時も・・・いつも傍に

ここ数年、食欲落ちたり腎臓の数値が悪化したりと
低空飛行を続けてて、毎年夏が勝負だった。

8月22日、たまがわ花火大会が行われた。
留守の度にグッチやジジ達の面倒を見てくれた荒井夫婦を自宅に招待して
屋上で花火観賞をした。

いつもなら怖がって地下に隠れるグッチだが(毎年のこと)
この時、何故か自分から上がってきた。
d0009175_2059790.jpg

撮影:仁美ニャン

俺が娘を抱っこして、カボさんがグッチを抱っこしている。

自分の死期を解ってたのか、美しい花火を目に焼き付けるように見てる

グッチにとって生涯初の、そして最後の花火だった。

この三日後、グッチは星になったのである。

彼は武士のような猫だった。
他の4猫のリーダー、いや我が家のリーダーとして
いつも粛々と生きた。
d0009175_12365669.jpg

ブログに書くことをずいぶん悩んだけど、
グッチの立派な生涯に対する敬意と
今までグッチに関わった全ての皆様への感謝の気持ちを表したくて
にここに綴ります。

平成27年8月25日 午前5時30分 小林グッチ 永眠 享年17歳以上 
[PR]
by e-littlewoods | 2015-10-05 21:03 | 俺です。
caffeLittlewoods#1381 「ボサノヴァと日本のお酒の会」inリトカフェ
暑い夏ならではのオトナのイベントをご紹介。
「ボサノヴァと日本のお酒の会」in リトカフェ
d0009175_2015221.jpg

前回大好評だった日本ワインの会の
主宰 たかのひでおさんによる
"日本のお酒を楽しむ会"
スーパーコレクターたかのさんによる国産限定の珠玉なお酒を御紹介いただき試飲します(ビール他個別オーダー対応)

今回お持込いただいた日本のお酒の一部をご紹介しましょう。
d0009175_2022487.jpg

d0009175_2024087.jpg
d0009175_2025496.jpg
d0009175_2031136.jpg
d0009175_2034960.jpg

写真だけでごめんなさい。
入手困難な銘柄も含めて、とにかく贅沢なラインナップであることは間違いないんだねぇ。
詳しいご説明は当日高野さんにお願いしてます(汗)

また、お酒のお供にはライブ!
貞吉なおこ(Vo)のボサノヴァユニットをこの日のために編成
ミニライブを展開します
こちらもお楽しみに!
Vo貞吉なおこ、G鈴木敏幸、Fl北沢直子

日時  : 8月8日 17時~20時くらい
会費  :  \3,500 (ライブ、お酒、ブッフェ)
場所  : リトカフェ 
      世田谷区玉川台2-12-1 リトルウッズ2階 TEL03-5797-5960

グラスとお酒の量の関係上、参加人数に限りがあります。
必ず事前にご予約下さい!(残り席10名)
予約はメールにて info@s-littlewoods.com
[PR]
by e-littlewoods | 2015-08-04 20:05 | 俺です。
caffeLittlewoods#1380 フリースタイルカーマガジン@別冊リトルウッズvol3
リトカフェにて行われた第二回「シロウトうたまつり」はお陰様で大盛況でした。
d0009175_21545152.jpg

(撮影:ヨネちゃん)
歌好きが集まって生のギターやピアノを伴奏に
好きな歌を歌おうというシンプルなイベント・・・

普段からカラオケボックスで歌を歌うこともあるわけだが
何が違うんだろう・・・緊張感がまるで違うんだねぇ(笑)

カラオケって聴いてるほうも「なんとなく」聴きながら
次に自分が歌う歌を選んだり、掛け声かけたり・・・

まぁ、次から次へと歌っていくので楽しいだけなのだが
「うたまつり」は集まった人も結構真剣に聴いてるし
何曲も歌えるわけでもなく・・・
さらには生の伴奏なので呼吸を合わせないと上手くいかないんだねぇ。

だから、声も震えるし、マイクを持つ手だってガタガタなわけ。
前日なんか「エントリーしなきゃよかった・・・」とまで思っちゃう(笑)

でも、その緊張感を共有して歌い終わると
もう一度歌いたくなるんだねぇ。(不思議なのだよ)

今回のMVPはこの人でしょう!
d0009175_2263930.jpg

(撮影:ヨネちゃん)
このイベントの為に散髪に行き、
歌の前には衣装を着替える気合の入れよう西尾さん!

「遊びは真剣じゃないとダメ」

そんなこと俺言ったかなぁ???
でも、今回の西尾さんを見て
「次回は俺ももっと真剣に遊ぼう!」って思ったのだよ。

それから
ギターの伴奏をしてくれた木村さん、髙村さん、高石さん、ヨネちゃん、脩平
ピアノを演奏してくれたEmikoさん、
フルートを演奏してくれた高橋さんのおかげで
凄いクオリティーのイベントになりました!

特に体調のすぐれない中、イベントの中心となってくださった木村さん

心からありがとうございました!

終わった時に「また第三回をやろうね!」って合言葉のように別れたのが
とても嬉しく印象に残ったのだよ。



またまたイベントの告知です!

何屋だ?リトルウッズは?

今度のイベントは第三回「フリースタイルマガジン@別冊リトルウッズ」である。

編集者•ライターの嶋田智之さんを迎えて行う人気のイベントです
d0009175_22261979.jpg

(前回の様子 撮影:柴ちゃん)

早くも第三回となる今回のテーマは
「なぜか誤解されてるクルマたち」の特集

そのクルマが作られるには理由がある・・・わけだが
作られた本来の目的や狙いとは違った評価や使われ方をされてるクルマが多く存在する。
特に輸入車は本国でのそれと日本での違いがあり、それが知られていないケースもあるんだねぇ。
(俺もその一人だから偉そうなことは言えないんだけどね)

そのあたりを世界を股にかける嶋田智之氏に語ってもらおう!
というイベントである。

俺は勝手にこのクルマが売れないのもそのせいじゃねーか?って
嶋田さんに怒りをぶつけるつもり(笑)
d0009175_22284557.jpg

シトロエン DS3レーシング 左ハンドル 6MT 1.3万km

シトロエンってメーカーは日本ではレーシングなイメージが薄いけど
ヨーロッパではWRCやWTCC(世界ツーリングカー選手権)なんかで
バリバリ戦い好成績をあげているよねぇ。

ところが日本では少し変わった趣味の人が乗るマニアックなクルマってイメージ?
(我が家のクルマも何を隠そうシトロエンなのだよ)
d0009175_22463344.jpg

だから1600ccで207馬力も叩き出している
モンスターハッチバックが受け入れられないんじゃないかなぁ・・・
(と、売れない理由を押し付けてみたりしている)

まぁ、みなさん、こんな質問や意見なんかをご用意いただけると
全員参加型のこのイベントは更に楽しめるのであります!

15時から始まり、トークショーの終わりは18時頃でしょうか・・・
(毎回予定を大幅にこえるので前回より早めのスタートで1時間延長しました)

その後はリトカフェでご用意したブッフェディナーを皆で楽しみながらの懇親会と
内容の濃いイベントです!
d0009175_22335724.jpg


出演 嶋田智之(編集者、ライター)
小林正治(リトルウッズ)
MC サワダヨシキ

日時 7月25日土曜 15:00-18:00

会費\2000(25才以下、女性半額)
ご希望の方にはトークショー終了後にヴッフェ(別途2000円)をご用意しております。
超人気イベントのためお席に限りが有ります。お早めにご予約ください!!

※お問い合わせはリトルウッズまで!

「リトルウッズはクルマ屋です!」
[PR]
by e-littlewoods | 2015-07-07 22:38 | 俺です。
caffeLittlewoods#1379 フリースタイルカーマガジン@別冊リトルウッズvol2
一度はポルシェに乗りたい・・・




そう思っている方は少なくないのではないだろうか?
d0009175_3224816.jpg


自分で初めてポルシェに乗ったのは某Cモータースに勤めてた頃。

イタフラ販売のイメージが強い輸入車販売会社だが
実は社員のマイカーの半分がポルシェだったんじゃないかなぁ


実際にポルシェも販売してたので
売り物を動かしたり
修理車の回送で何台ものポルシェに乗ったねぇ。



その中で、あの日のことは
20年以上経った今でも忘れることはできない。

初夏の蒸し暑い夜だった。
お客様から930の納車場所に指定されたのは
国道20号線、大垂水峠の先であった。

中央フリーウェイを走る930!
リアから聴こえるフラット6の音に酔いしれたねぇ。

インターを降り、ワインディングに入ると
予想を遥かに超えるトラクションのかかり方に俺は驚いていた。

連続するコーナーを気持ちよく駆け抜け
納車場所に着く直前の下りコーナーだった。

少しオーバースピードかも?

と思いコーナーの進入でブレーキに足を乗せた瞬間のことである。

あれだけトラクションのかかっていた重いテールが
いとも簡単に滑り出したではないか・・・

それまでFRのテールスライドしか経験が無かった俺は
その「突然さ」になすすべも無く
床から生えたブレーキを更に強く踏んで
そして目をつぶったのだった。

キィ~~~~~~! (鳴り響くスキール音)
ウァ~! (助けて神様!)

振り子のように滑ったテールは180度回った所でかろうじてグリップを取り戻し
窓からはゴムの溶けた匂いが漂っていた。

ストールしたエンジンはチリチリとマフラーの焼ける音だけが・・・
夏虫の鳴き声と混じり合って静けさを助長した。

ヘッドライトはタイヤから舞い上がった白い煙の中に
坂の上のガードレールと長く生い茂った草を照らしていた。

助かった・・・

930は奇跡的にガードレールに触れることも無く
エンストしたせいで点灯したインパネの中の警告灯が
俺の頬を赤く照らしていた。
(本当は血の気が引いて青かったに違いない)

その後、どうやってお客さまにお納めしたかは記憶にない。


そしてその後、後輩までが911を選ぶ中
俺はコルベットを自分の愛車に選ぶのである。


つまり911は俺にとってトラウマに残るクルマ。

そんな俺が46歳になった去年、再び930に巡り合った。
d0009175_31877.jpg

これが運命なのだろうか?

サーキットにも行った。
d0009175_314355.jpg

エンジンも自分で下した。
d0009175_334353.jpg

少しはコイツの事を理解はしたが、改めて底が見えない魅力の深さも知った。



今度の週末、5月9日 元ティーポ編集長の嶋田智之さんがリトルウッズで
ポルシェのトークイベントを開催してくれることになった。
d0009175_353775.jpg

イタフラのイメージが強いTipoだがコンスタントにポルシェを特集している。
d0009175_391698.jpg

世界中の名車と新旧ポルシェに乗ってその限界を引き出してきた嶋田氏。

聞いてみたいことが山積みである。

トークショーの後には参加者の皆さんからの質問コーナーも!
是非この機会にポルシェの魅力を確かめてはいかがでしょうか?

フリースタイルカーマガジン
@別冊リトルウッズvol2
出演 嶋田智之(編集者、ライター)
小林正治(リトルウッズ)
MC サワダヨシキ
日時 5月9日土曜 17:00-19:00
会費\2000(25才以下、女性半額)
別途飲食ご用意してます(1500円ブッフェ形式)

facebookご利用の方は下記からご参加ください!
https://www.facebook.com/events/1443768392588507/

リトルウッズはクルマ屋です!
[PR]
by e-littlewoods | 2015-05-07 03:19 | 俺です。
caffeLittlewoods#1378 ミッション異音
先日、FSWのライセンスを取るお仲間Oさんに便乗して行ってきた。
d0009175_01151013.jpg
ライセンス取得後、三周だけペースカーの後ろを走ることができる。(無料)

誘っておいて言うのもなんだが、初めてのサーキットがフジスピードウェイってのも凄いなぁ!
d0009175_01175346.jpg
走り仲間も続々集まって……なんだかお祭り気分(笑)
d0009175_01200322.jpg
Oさんはすぐさま、午後のツーリングクラスの30分走行枠を購入した!
(ツーリングクラスとは最高速度180km以下、1周2分20秒以上の制限付き)

俺みたいなサーキット初心者や速くないクルマの人には安心なんだねぇ。

しかも平日なのでガラガラ!

ところが、走行時間になって雨がポツリポツリ……

「Oさん、決して無理をしないでね」
d0009175_01205278.jpg
誘った立場上、雨だけは降って欲しくなかった……

心配してハラハラしてアッチコッチから見てたのだが……

コカコーラから100R……
ターボのエキゾーストノートがフジに轟く
d0009175_01213421.jpg
ヘアピンから300Rも……オイオイ踏んでるよ!
d0009175_01220269.jpg
しかも綺麗なラインだー!

結果、俺なんかより遥かに911を乗りこなしてて上手い!

雨なのにタイヤにもしっかり熱が入ってた!

走り終えたOさんが一言

「気持ち良かった〜!」

俺も嬉しかったねぇ!
なんで一緒に走らなかったかったかって?

それは遡る事数時間前


朝一の30分走行枠を走った俺は終わり間際、ミッションからの異音を感じた。
「ガラガラガラガラ……」
やっちまったか……

硬めのミッションオイルを入れたのに……

直ぐさま25年間911に乗ってるマコトくんに相談した。

「ミッション降ろして開けてみよう」

(簡単に言うなよ〜)

「大丈夫!大丈夫!」

(出たな!究極のプラス思考)

月曜日のお昼過ぎ、ツナギ姿で現れたマコトくん
ジャッキで車体を上げ始めた。
d0009175_01275804.jpg
(ここでやるのかよ)

元ターボ乗りのS先輩の手助けも借りて

1時間後……
d0009175_01282065.jpg
911の下からエンジンが顔を出した!

2時間後……
d0009175_01285192.jpg
降りたよ……

(キツネに顔をつままれるってこの事だ)

エンジンがない911の足下には……
d0009175_01304534.jpg
コンニャクを運ぶ台車!
(さすが八百屋)

早速、ミッション持って工場長のところへ
d0009175_01314948.jpg
指示に従ってパーツを外していく
d0009175_01321151.jpg
むき出しになったギア類を工場長がおもむろに回し出し……
d0009175_01334894.jpg
「ベアリングがダメだ」
d0009175_01332452.jpg
小さな915ミッションにルーフの5速が入ってるのだが、ベアリングはノーマルターボと同じもの。

「容量が小さいのかもなぁ」

ともあれ、ギアが壊れていなかった事は不幸中の幸い。

しかもノーマルターボのパーツなら国内在庫があるかも……

今日はここまで。

俺は幸せ者だ。走り仲間からは親身になったアドバイスをいっぱいもらい、信頼できる工場に相談できて、ハッキリした原因を突き止める事ができたのだから!

なんだか、マコトくんの超プラス思考が伝染したようだ(笑)


[PR]
by e-littlewoods | 2015-04-14 01:12 | 俺です。
caffeLittlewoods#1377 ニンジンもトマトも嫌い
俺は幼い頃、ニンジンが嫌いだった。
d0009175_00563236.jpg


勿論、椎茸、ピーマン、ネギだって大嫌い。

母は食べさせるのに苦労しただろうなぁ……

ところが大人になって料理の中に入るそれらは嫌いどころか好きにさえなり、ポトフに入る人参なんか、ジャガイモと同じようにバクバク食べれるようになっていた。

先日来、リトカフェで使ってる「マコト野菜」
d0009175_01350871.jpg
3.6ターボで運ばれる日本最速の野菜だ
d0009175_01323423.jpg
ナンバーの808は仕事に誇り持ってる証
d0009175_01374411.jpg
それをを自宅でも食べるようになり…

ある日、ポトフが食卓に並んだ。

いつものように気にもせずニンジンを口に入れた俺は顔が歪んだ。

んっ・・・これは・・・

そう、昔食べたニンジンの味だ・・・

ニンジン特有のニンジン臭さが口いっぱいに広がり・・・

小学生の頃、シチューに入ったニンジンが食べれず、昼休みになっても一人残された記憶が蘇った……

他の具材に箸を伸ばしてみた。
キャベツ、玉ねぎ、ジャガイモ・・・・
どれをとっても野菜本来の味と食感がしっかりしてて・・・・
俺が今まで食べてた野菜ってなんなんだろう???

冷静に考えてみた。
スーパーで買ってきた野菜に比べてマコト野菜はシッカリ感があり、密度が濃い。
d0009175_01391043.jpg

野菜本来の味がシッカリするのだ。

マコトくんの八百屋がある田園調布という土地柄、舌の肥えた人は多いだろう。
スーパーと同じ野菜を並べてたのでは個人商店の八百屋が何十年も営業できるわけない。

ネットスーパーのような宅配してくれる便利なお店が溢れているからねぇ。

スーパーはネットで価格を簡単に比較されるから価格競争は厳しい。

そんな中、小さな八百屋が生き残るには・・・・

スーパーより上手い野菜を仕入れてくるしかないのだよ。

何十年も培ってきた「目利き」「人の繋がり」を駆使してである。


当然、大量仕入れのスーパーは価格面でも優位だが
何十年も市場に通い詰めてる個人商店には個人のスキルと、人との「繋がり」ってのがあるから。


スコールが降る季節には
降る前に仲買人を通して先に買うらしい。
市場に並ぶ前に買うってことだねぇ。


こうして厳選されたマコト野菜をリトカフェでも使用し売ってもいるわけだが
d0009175_01454205.jpg
これを買ってくれって話じゃない。

スーパーが品質が悪いって話でもない。
(高品質のスーパーだっていっぱいある)

自分の好きなものなら便利さで選ばず
こだわってくれ!って話。

美味しいモノが好きなら、ネットスーパーで価格の比較をするだけじゃなく近所の八百屋や魚屋、肉屋の品質も比較の対象にしてってこと。



そんなことを考えてた今日の昼下がり
岡村農園のケチャップを届けてくれたO君が
採れたてトマトと超高級トマトジュースをくれた。
d0009175_01460729.jpg
生のトマトもトマトジュースも好きではない俺はその金額を聞いてビックリ!

なんと1800円(リッター1000円)

ガソリンって安いんだなぁ(笑)

Facebookで投稿したら
あっという間に12本が売れた……

どうなってんだ?

確かに利益度返しでトマト農家のオヤジが趣味で作ったトマトジュースだから、間違いないんでしょうが……

トマトジュース苦手な俺には……



まぁ、リトカフェに通ってくれている人には「こだわれ」だの「八百屋へ行け」だのは必要なかったってこと!

ってことで、今週末のリトカフェでは岡村農園のトマトジュース試飲即売会を小規模で行います。
が、くれぐれも私に「飲め」などの教養はしないように(笑)
O君に「トマトジュース積めるだけ持ってきて」って言ったけど……彼のM3のトランクには20本が限界かなぁ……無くなり次第海老名から届けてもらいます(笑)


「リトルウッズはれっきとしたクルマ屋です!」



[PR]
by e-littlewoods | 2015-04-07 00:11 | 俺です。
caffeLittlewoods#1376「FSWの走行ライセンス取得」
フジスピードウェイのライセンスを取りに行ってきた。
d0009175_236739.jpg

ライセンスと言っても免許証が有れば2時間の講習を受けることによって誰でも取れるものだ。


既にライセンスをお持ちのFさんに誘われてのことである。
d0009175_23191779.jpg

996GT3を駆るFさんは1分55秒で走る頼りになる兄貴的存在。


この歳になって「運転が上手くなりたい!」と思ってた俺だが、フジスピードウェイを走るのは正直、怖かった……

1年半前、雨のFSW走行会でのクラッシュが記憶に残っているからだ。
d0009175_2365979.jpg

脅かすわけではないが、これが現実。

でも、あれから勉強して多くの人のアドバイスをいただき
現地では325乗りのUさんとも合流して、
d0009175_23232687.jpg

(写真の多くはFさんからのご提供)
458乗りのOさんも応援に駆け付けてくれて
とても心強かったなぁ。



平日であれば30分6500円
早朝枠を走れば午前中に帰って来れるのだ。

走行枠は3つのクラスに分けられている。

サーキット初心者でも走れる(180キロ制限付き)(2分20秒以上制限付き)の「ツーリングクラス」

2分以上制限付きの「NSクラス」

2分10秒は絶対に切る「Sクラス」

だから、自分のレベルに合わせて走れるのが嬉しい。

しかも、不安な人には「体験走行」って言うライセンス不要のお試し3週(先導車付き)が2100円で用意されている。(ヘルメット無し、同乗走行可能)

もちろんサーキット内の事故は自己責任で保険も使えないけど、
ガードレールなどは1万円ぐらいの負担で治せる保険が含まれている。


ライセンス取ったその日に30分走行枠を2本走ってきた。
d0009175_23103191.jpg

ピットは幸運の22番(ニャンニャン)ピット(笑)
d0009175_23111983.jpg

走行台数は10台ぐらいだったかなぁ・・・・
広いFSWではガラガラなわけ。

つまり、単独走行みたいな時間が多かった。

ドキドキはしたものの、良い天気の影響もあってとても気持ちが良かった。
d0009175_23234996.jpg

考えてみたら過去2回の走行会でフジを走った時はいずれも雨だったなぁ・・・
天気を選んで走りに行けるのもライセンス走行の良いところだ。

公道を飛ばすより遥かに安全で合法な遊びにハマった瞬間である。

こんな素敵な写真もFさんに撮ってもらって・・・・
d0009175_2321481.jpg

広いコースの中で俺と930ターボだけ・・・
27年前の旧車との会話を楽しんでいた。

走り終わった後は皆に質問攻め(笑)
d0009175_23324320.jpg

あのコーナーは何速?どうやって曲がるの?
運転上手くなるには上手い人に聞くのが一番だからねぇ。

2分10秒は切れなかったけど、
いきなり速く走れてもつまらない(完全に言い訳)

だれでもライセンス取れって話じゃない。

でも、運転を安全に上手くなりたい人には奨めちゃうなぁ。

普通の乗用車でもブレーキパッドとオイルさえ変えて
ちゃんと整備してあげれば十分楽しめるだろう。

楽しく走った仲間との別れの言葉は

「今度いつ走る?」


ライセンス取りたい人いたら付き合うので言ってくれ!

「リトルウッズはクルマを買った後の楽しみ方も提案するクルマ屋です!」
[PR]
by e-littlewoods | 2015-03-31 23:52 | 俺です。
caffeLittlewoods#1375「太田哲也スポーツドライビングレッスン」に参加して
先日太田哲也氏のスポーツドライビングスクールに参加してきた。
d0009175_2233564.jpg

太田選手は二十数年前、
某CモータースがF3000に参戦してた時のドライバーであった。

それに憧れ私がCモータースに入社したのだが、
その年にCモータースがF3000から撤退と言う……
なんとも切ないすれ違いが始まりだった。

ご自宅に何度かクルマの納車や引き取りで伺った時
嬉しかったなぁ・・・
(愛車の164が壊れまくって太田選手は怒ってましたが)

日本のトップカテゴリーのレーサーを前に緊張してカチカチになってたことを
今でも鮮明に覚えている。



その後98年のあの大きな事故があり……



アルファチャレンジで復活された時には
リトルウッズからスポンサードという形で
わずかながらのご協力をさせていただいた。
d0009175_229241.jpg

10年も前になるんだなぁ・・・

まぁ、ずーっと太田選手のファンなんだなぁ、俺は。



そんな太田選手が校長という立場で
交通事故0を目指したドライビングスクールを開催していることを知り

太田さんらしいなぁ…

と思うのと同時に
是非とも参加したく思ってたわけだ。



いろんな走行会に参加したけど、
事故に対する予防のアドバイスがこれほど丁寧なのは多くない。

とにかく初めてサーキットを走る人に合わせて、
ベテランの参加者にも協力を促すと言う徹底ぶりだった。



俺が参加したスパタイと言うクラスはフリー走行(20分)2本と
一台ずつのタイムアタックのパッケージだ。

本当は「タイムアタックなんて……」と思っていた。

なにせ930を初めてサーキットに持ってきたのだから……

でも、結果は大正解だったねぇ。

一緒に走った人達はみんな上手いだけでなく、
とても紳士的で、俺みたいな不慣れな走り方でも
綺麗に安全に抜いて行ってくれた。

太田校長のポリシーをみんなで実行しているんだねぇ!

フリー走行の合間には砂子塾長の講習が受けられた。
これが質問形式でその人に合ったアドバイスを
丁寧にしてくれるのでとても充実していたねぇ。



タイムアタックの時は

「コースアウト失格」

「アタックに入るときにライト点灯」

「終了したアウトラップには消す」

以上が義務づけられた。

緊張感の高まる中
いかに自分をコントロールできるかという課題を与えられる。

プロのレーシングドライバーならではの発案なんだねぇ。



その他の時間も忙しいよ

砂子塾長運転の新型マスタングに同乗させてもらえた。
d0009175_22151596.jpg

レーシングドライバーの力強いけど繊細なテクニック
d0009175_22101759.jpg

それにしても新型マスタングの性能の高さには驚いたねぇ。



ヘルメットの貸出もあったり
d0009175_22171263.jpg

フォードの最新SUVをヘルメット無しで同乗できるプランも・・・
d0009175_22194855.jpg

サーキットを家族で楽しめるイベントなんだねぇ。



「サーキットを走ってみたいけど怖い」

「自分の愛車に負担をかけたくない」

そんな人も多いと思うけど、
先導車つき、追越禁止で走れる「ベーシックレッスン」を選べば
ハッキリ言って公道より遥かに安全だし
自分のペースを守れば愛車に負担なく走れると思う。

次回は4月11日の開催だが、
マセラティとアルファロメオのNEWモデルに乗れるらしいねぇ。

行ってみたいという人がいたら俺も付き添うぜ!

詳しくは 「太田哲也スポーツドライビングレッスン」のホームページを!
[PR]
by e-littlewoods | 2015-03-02 22:43 | 俺です。
caffeLittlewoods#1374 ~いまさら乗りたいあのクルマ!~
募集人数に達した為、募集は終了いたしました。

フリースタイル&LIVEカーマガジン

「別冊☆リトルウッズ」

~いまさら乗りたいあのクルマ!~


第1回ロータス・ヨーロッパと"サーキットの狼"なクルマたち
d0009175_21343714.jpg



日時 :3月14日土曜 17:00-19:00

会費 :¥2000(1ドリンク付 25才以下、女性半額)

別途飲食オーダー可能(カレー・パスタなどなど)

募集 限定25名 ※予約制

出演 嶋田智之(元Tipo編集長、ライタ ー)、小林正治(リトルウッズ)、サワダヨシキ(MC)

主催 リトルウッズ



イベント概要

第1回は嶋田智之さんを編集長に迎えてのLIVEトークイベント。
d0009175_12381453.jpg


クルマ雑誌や一般誌、Webなどで活躍中の嶋田さんと、

今だから乗りたいクルマとその付き合い方。

普段誌面では書ききれない話で脱線必至!?

特にクルマ好きでない方にも楽しんでもらえるはずです(^^)。


創刊号の題材は

サーキットの狼とロータス・ヨーロッパ!なクルマ達からスタート!

お楽しみに。



◎イベント情報

リトカフェTwitter@littlewoods222
サワダヨシキTwitter@alfa8600

◎イベント申込はメールもしくはfacebookイベント参加で!

 リトルウッズHP e-littlewoods.com
 リトルウッズfacebookイベント

◎受付アドレス info@s-littlewoods.com
 
 ※必ずご返信しますので返信の無い場合はお電話ください。
 03-5797-5960(リトルウッズ)

受付は先着順になります
お席を限定(25席)しておりますので
直前でのキャンセルはご遠慮ください。
[PR]
by e-littlewoods | 2015-02-28 01:05 | 俺です。



自称・日記王子コバさんとネコネタ収集係カボさんの猫とクルマのお話です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30