caffeLittlewoods# 1346 フランス珍道中その1
                                       
クルマはその国の文化を色濃く反映してるって良く言いますがその通りだなぁ・・・
前回のブログはフランスにて書きましたがその旅はこんな形で始まりました。

パリシャルルドゴール空港に降り立った瞬間からあわただしかった。
d0009175_2233219.jpg

右も左も解らない中、当たり前だよねぇ、日本語の案内なんか無いんだから。
d0009175_2234432.jpg

広い到着フロアで心を落ち着けた後、借りたレンタカーはこれ。
d0009175_21495854.jpg

トヨタ・ヴァーソ2.0ディーゼル6速マニュアル

カングーディーゼルで予約したのですがセニックに変更になり
d0009175_21501778.jpg

ナビが使えないからトヨタにしてくれと言われ選択肢が無かった。
まぁ、日本で走ってない(ヨーロッパ仕様の)ディーゼルで走れればいっか!
格安レンターカーだから文句も言えないでしょう。

とにかくもう一度ディーゼルでヨーロッパを走ってみたかったんだねぇ。

前回はパリからブリュッセルまでの高速のみだったので・・・
今回は地方の一般道、街中とそしてパリ市内を走ってみたかった。
空港を出たころには空も暗くなってからであった。
4年前にも泊まったエルムノンヴィルのシャトーホテルへ走ること30分
のはずが・・・
ナビも英語で使い方が解らず苦労しながら1時間以上かかって到着。
街灯も無いなかほとんどハイビームで走る田舎道。
景色も全く無し(笑)ディーゼルがどうのとか道がどうとか言う余裕はなかった。
チェックインを終え
部屋の窓から見た外はライトアップしてくれててとても綺麗だった。
d0009175_21511430.jpg

ホッとした瞬間である。
怪獣連れの長い機内はさすがに疲れたのでその日はすぐに床に就いた。
d0009175_21544662.jpg

時計は現地時間で11時を回った頃だった。



目覚めは何故か早かった。
午前3時。
って言うか早すぎるだろ!
ご存じ「時差ボケ」である(笑)
明るくなるのを待って朝食へ。
d0009175_2252734.jpg

真っ暗だった窓からの景色が・・・
d0009175_21554228.jpg

朝食はパンとチーズこれから10日これがつづく・・・
d0009175_2243452.jpg

前回来たときは大寒波で一面の銀世界だったが
「4年前のブログ」
今年はこの姿で歩き回れるほどの気候・・・
d0009175_2251394.jpg

松岡修造氏に感謝である。
d0009175_22746100.jpg

シャトーの周りを散策すると、いきなりこんなクルマが目に飛び込んできた。
d0009175_228097.jpg

「CIMBALIじゃん!」
乗っていたのはCIMBALIのジャンパーを着た男性・・・
人見知りで引っ込み思案な俺・・・今回の旅は
「やらないで後悔するなら、やって後悔しろ!」
勇気を振り絞って声をかけたよ
「ボンジュ~ル、僕の会社でもCIMBALIのマシーンを使ってるんだよ」
(つたない英語だったが伝わったと思う)
200万もするエスプレッソマシーンを
それこそ清水の舞台から飛び降りるような感覚で購入したのだから、
「握手の後にハグか?文化的にはやっぱりハグなのか?」
なんて頭の中で妄想してたら、
彼はクールに半笑いでこう言い放った。
「イッツ、グッド・・・」
英語が苦手な俺だってそれぐらいは解る。
いきなり出鼻を挫かれたぜ。
ホテルに向かって歩き去る彼の背中の「COMBALI」という文字を見ながら

「負けないぞ・・・フランスめ」

と拳を握るのでした。

初日にしてわかったことがある。
「フランスを走る商用車はカッコ良い」ってことと
「トライして失敗しても後悔なんかしない」ってこと・・・

つづく          
          
[PR]
by e-littlewoods | 2014-02-20 22:22 | 俺です。
<< caffeLittlewood... caffeLittlewood... >>



自称・日記王子コバさんとネコネタ収集係カボさんの猫とクルマのお話です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧