caffeLittlewoods#1216 ジジのお手伝い。
ジジが久しぶりに「見てコロン」をやったねぇ。
d0009175_17432591.jpg

寒くなってからできないから、久しぶりだねぇ。
d0009175_17454150.jpg

d0009175_1752556.jpg

ポッコリお腹がチャームポイントなのだよ!
d0009175_17455637.jpg

そりゃそうだよ、1月だぞ~。

そんなジジですが・・・

カボさんが出かける準備で慌てていると、必ず足元をうろついていて
「ジジ、邪魔っ!」って怒られてる。
キッチンで料理でバタバタしてると、必ずジジはやってくる。
d0009175_17502562.jpg

熱い鍋とか包丁とか・・・危ないのだよ。
最初はイタズラな奴、と思っていたのだが・・・・ひょっとして・・・

ジジは手伝ってるんじゃないか???
d0009175_17504351.jpg

そう思ってみていると、全てのつじつまが合うのだよ。
カボさんのこと大好きなジジは、忙しそうにしている彼女の
何とか役に立ちたいとしているんだねぇ。(書きながら涙出てきた)
カボさんは「絶対邪魔してるだけだ」と、言っているのだが・・・どうでしょう?







20代の頃からの付き合いである、足立のクルマ屋「オートファクトリー」
「足立の」って言うと「足立じゃねーよ、千住だよ」っていつも訂正するMR社長が

「コバチャン、鬼怒川で新年会やるから来なよ!体ひとつで!」

って言うから、行ってきた。
北千住ってメッチャ便利だねぇ。鬼怒川まで1本。

「特急 スペーシア」
d0009175_17572714.jpg

車内でお弁当を食べたりして、あっと言う間の2時間。

「近いねぇ、鬼怒川。で、どこ?旅館は?」って聞いたら・・・
「まだなんだぁ、ここから乗り継ぎだから」
え”~っ鬼怒川は大温泉街。目の前に名旅館がいっぱいあるのに・・・
まぁ、いっか・・・
d0009175_17584138.jpg

お~単線だぜ、ローカルな電車。(久留里線を思い出すぜ)
懐かしいボックス席に乗ってガタゴト30分。
やっと着いたぜ、「湯西川温泉駅」

「たまには、いいよね!で・・・旅館は?」
「ん~、まだまだ、ここからバスだから」
(も~疲れた~)僕が幼稚園生だったら、その場で駄々こねて大の字になってる。
電車で相当登ったようで、景色は一変、雪景色。
d0009175_1874391.jpg

路線バスだよ。
しかも、落ちたら間違いなく死ぬ渓谷を30分。(怖っ!)

「ここだから!」っとMR氏。(お前の家か?)
d0009175_18105046.jpg


着いた旅館は「本家伴久」
 
なんでこんな奥地に???と疑問を持ちながら温泉に・・・。

いやいや、確かに良い湯だねぇ。(露天雪見風呂、最高ー!)

「6時から8時まで、食事ね」 (ずいぶん細かい時間指定だなぁ???)
食事をいただいている最中、挨拶にいらした「大女将」
宿の説明にビックリ。平家の末裔で「800年の歴史」25代目だそうだ。

そっか、ここは平家が源氏に追われて落ちてきた場所なんだねぇ。

落人(おちうど)料理を堪能し終わったら、さっさと部屋に戻りテレビを付けるMR氏。

始まったねぇ。 「NHK大河ドラマ 平清盛」
 

なるほどねぇ、しかし、長い前振りだったなぁ。

「平清盛、第一回放送を湯西川温泉で見る」
っていう事だったのか・・・。

確かに旅館中、清盛のポスターだらけ。
MR氏曰く「清盛は病死したから、ここには来てないんだけどね」

流石、歴史オタク。

呼んでくれて、ありがとう!楽しかったぜ!またね!



去年登録の新古車なのだよ。
2011yBMW 1シリーズ 116i Mスポーツ ディーラー登録車両 新型エンジン 0.3万km [世田谷店]
d0009175_18205456.jpg
d0009175_182103.jpg
d0009175_1821597.jpg

Mスポーツパッケージのオプション価格(新車時)¥372,000は安いよねぇ。
だって、こんなに付いてるから・・・
・M エアロダイナミクス・パッケージ
(フロント・スポイラー、サイド・スカート、リヤ・スカート)
・M スポーツ・サスペンション
・M スポーツ・レザー・ステアリング・ホイール
・M ライト・アロイ・ホイール
(17インチ)
・スポーツ・シート
(ハーフレザー/運転席&助手席、電動調節式サイド・サポート付)
・バイ・キセノン・ヘッドライト
(光軸自動調整機構/スモール・ライト・リング付)
・エキゾースト・テールパイプ(クローム仕上げ)
・ドア・シル・プレート(M ロゴ付)

小さめで楽しくて(FRだから)燃費が良くて(1,6)安心で(保証継承可)
カッコいい(Mスポ)クルマ無い?って方にお勧めです。

詳しい情報はリトルウッズホームページから!

では、では~。





                      人気ブログランキングへ
                  ↑ポチっとな。よろしくです!049.gif


d0009175_1134927.gif


d0009175_188589.jpg

     を始めてみました。在庫情報をつぶやいてみたいと思います。

                   littlewoodscar
                でつぶやきをフォローしてみてください。

     尾山台イタリアンバ~ル Covo dei gatti からのお知らせ
d0009175_1430455.gif
                    
d0009175_2131053.gif

                      猫温度計♪
                  
                    



グッチ
d0009175_17495384.jpg

2000年ぐらいかな、僕の1人住まいのマンションに来たのは。
中華屋の換気扇の下で油まみれの瀕死の状態で発見されたらしい。
知り合いが病院で治療をしてあげたのだが、その家には病気の先住猫さんが・・・
話を聞いて対面してみる事になった。
両手は点滴の為に毛が剃られ、体はガリガリ、耳は爛れ、片目は怪我で・・・
見るも無残な感じだった。
正直なところ「断りきれなかった」のかもしれないが・・・
子供の頃飼ったジュウシマツ(小鳥)以来、初めての動物飼いで
張りきって猫グッズをいっぱい買い込んだのを憶えている。
我が家へ連れて帰って猫バッグの蓋を開けたらスススーッとシャコタンのまま
ソファーの下に入ったっきり、姿が見えなくなった。
朝、缶詰を一缶あげて仕事へ行き、昼に帰ると無くなっているので
また一缶お皿に出して仕事へ行く。
夜帰っても姿は無し。でも昼に出した缶詰は綺麗に無くなっている。
「夜ご飯だよ~」って言っても返事は無い。
僕が寝床について、電気を消すと歩き回っている気配がする。
こんなのが1ヶ月ぐらい続いたある夜、いつものように深夜番組を見ながら
ビールを飲んでいたら、あぐらをかいた僕の足の上に、怯えながらそーッと
何かが乗ってきた。
固まったねぇ。お願い、逃げないで!
そーっと下を見ると・・・ん?誰だ?お前。
丸々太った、毛がフッサフサの猫が・・・
一日三食はあげ過ぎだったか~。
この日からカボさんが我が家へ来るまで
1人と一匹、二人六脚の生活がスタートしたのだった。


ジジ(ゼンジ)
d0009175_17501015.jpg

「黒猫が欲しい」がカボさんの口癖だった。
グッチ以外の猫には全く興味が無い僕は「絶対ダメ」が口癖になった。
2007年10月、社員旅行で行った修善寺のオーベルジュ「フェリス」
宿泊した朝、カボさんと散歩をしていると、どこからか「びゃ~う、びゃ~う」
何の泣き声だ?
周囲を見回すと道の端にダンボールが・・・
中に居たのは生後1ヶ月ほどの黒の子猫。
カボさんの執念か?
結局連れて帰ることになり、修善寺で拾ったので「ゼンジ」と名づけた。
呼びづらいので「ジジ」になったとさ。


アズ・リオ(アズーロ・フォリオ)
d0009175_1750352.jpgd0009175_17504696.jpg









某、工務店の社員(独身のオジサン)の飼ってるメス猫が4匹の子猫を出産した。
どうやら自由に出入りしている猫だったんだねぇ。
その工務店のお嬢さんが子猫の面倒を見てくれる里親をさがしてたわけ。
里親探しのお手伝いをすることになった小林家。
あっちこっちに「猫飼う気無い?」って聞いてまわるけど、一向に見つからない
とにかく、準備だけしよう!
我が家からグッチのバッグとジジのバッグを持ってきて、まずは病院で検診。
全員の検診を終え、先生の「OK」をもらった時、「よかった」
里親探しに頑張ってたお嬢さんの目から涙が。(よっぽど緊張してたんだねぇ)
僕とカボさんの気持ちは同じだった。
「4は無理だけど、2なら」と言って片方のバッグを持った。
偶然入っていたのがアズとリオだった。(兄弟の中でも相性があるからねぇ)
名前の由来はその年オープンしたリトルウッズ横浜・青葉店の「青葉」から
イタリア語で青「アズーロ」葉「フォリオ」である。


ニャン
d0009175_1751168.jpg

環八沿いにあるリトルウッズ世田谷は用賀の街にある。
猫の多い街なんだねぇ。
裏の駐車場によく出没する白猫は耳に赤いピアスをしてた。
調べてみると去勢手術を施した証のようだ。
(そういうボランティアがあるんだねぇ)
ある日、お弁当の残りをその白猫にあげてみた。
毎日来るようになり、いつの日からか環八側の展示場で寛ぐようになっていた。
雨の日も来て、濡れながらゴハンを待つようになったので
展示場の隅にニャンハウスを作ってあげた。
ゴミ箱を横にして風で飛ばされないようにブロックと結びつけた簡単な家。
「こんなのに入らないよね~」と思いながらセッティングすると
なんと、すんなり入ったねぇ。
それからと言うもの、雨の日も冬の寒い日もそこで寝泊りするようになった。
今では3階の事務所にゴハンを朝、夜、食べに来るのが日課になった。
[PR]
by e-littlewoods | 2012-01-09 18:29 | 俺です。
<< caffeLittlewood... caffeLittlewood... >>



自称・日記王子コバさんとネコネタ収集係カボさんの猫とクルマのお話です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧